ニュース

子どもの視点に注目する『ゴー・ビトゥイーンズ展』にボルタンスキー、塩田千春ら26組

子どもの視点を通して世界を展望する展覧会『ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界』が、5月31日から東京・六本木の森美術館で開催される。

同展は、19世紀後半から20世紀にかけてニューヨークに暮らす移民を取材した写真家のジェイコブ・A・リースが媒介者を意味する「ゴー・ビトゥイーンズ」と呼んだ移民の子どもたちのように、異文化間や現実と想像の世界の間など様々な境界を横断する子どもたちの視点にフォーカス。各国のアーティストの作品に表れる子どものイメージを通して、子どもを取り巻く環境や彼らが直面する諸問題に目を向けると同時に、遊びや夢、記憶などをキーワードに子どもの持つ多様な感覚に迫る。

参加作家はジェイコブ・A・リースや、日本初公開の作品を展示するフィオナ・タンとウォン・ホイチョンをはじめ、クリスチャン・ボルタンスキー、近藤聡乃、奈良美智、塩田千春、梅佳代など26組。会期中は関連企画として、子どもたち向けのワークショップや子どもをテーマにした映画の特集上映、アーティストトークなどが開催される。

イベント情報

『ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界』

2014年5月31日(土)~8月31日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00、火曜10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
参加作家:
クリスチャン・ボルタンスキー
リネカ・ダイクストラ
ルイス・W・ハイン
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー
影山光洋
菊地智子
金仁淑
近藤聡乃
小西淳也
宮武東洋
トレーシー・モファット
スヘール・ナッファール&ジャクリーン・リーム・サッローム
奈良美智
大竹省二
ジェイコブ・A・リース
塩田千春
ストーリー・コー
フィオナ・タン
照屋勇賢
サンテリ・トゥオリ
梅佳代
ウォン・ソンウォン
ウォン・ホイチョン
山本高之
吉岡専造
ジャン・オー
料金:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円

(テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー 『エイト』 2001年 ビデオ 3分35秒(ループ) Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York、リネカ・ダイクストラ『女の人が泣いています(泣く女)』 2009年 ビデオ・インスタレーション 12分(ループ) Courtesy: Marian Goodman Gallery, New York/Paris、ウォン・ソンウォン『寝坊して』(「7歳の私」シリーズより)2010年 Cプリント 86×120cm、ウォン・ホイチョン『おおスルクレ、わが町スルクレ』 2007年 ビデオ 14分、ジャン・オー『パパとわたし:No.29』 2006年 Cプリント 100×100cm)

テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー 『エイト』 2001年 ビデオ 3分35秒(ループ) Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー 『エイト』 2001年 ビデオ 3分35秒(ループ) Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York
リネカ・ダイクストラ『女の人が泣いています(泣く女)』 2009年 ビデオ・インスタレーション 12分(ループ) Courtesy: Marian Goodman Gallery, New York/Paris
リネカ・ダイクストラ『女の人が泣いています(泣く女)』 2009年 ビデオ・インスタレーション 12分(ループ) Courtesy: Marian Goodman Gallery, New York/Paris
ウォン・ソンウォン『寝坊して』(「7歳の私」シリーズより)2010年 Cプリント 86×120cm
ウォン・ソンウォン『寝坊して』(「7歳の私」シリーズより)2010年 Cプリント 86×120cm
ウォン・ホイチョン『おおスルクレ、わが町スルクレ』 2007年 ビデオ 14分
ウォン・ホイチョン『おおスルクレ、わが町スルクレ』 2007年 ビデオ 14分
ジャン・オー『パパとわたし:No.29』 2006年 Cプリント 100×100cm
ジャン・オー『パパとわたし:No.29』 2006年 Cプリント 100×100cm
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」