ニュース

子どもの視点に注目する『ゴー・ビトゥイーンズ展』にボルタンスキー、塩田千春ら26組

子どもの視点を通して世界を展望する展覧会『ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界』が、5月31日から東京・六本木の森美術館で開催される。

同展は、19世紀後半から20世紀にかけてニューヨークに暮らす移民を取材した写真家のジェイコブ・A・リースが媒介者を意味する「ゴー・ビトゥイーンズ」と呼んだ移民の子どもたちのように、異文化間や現実と想像の世界の間など様々な境界を横断する子どもたちの視点にフォーカス。各国のアーティストの作品に表れる子どものイメージを通して、子どもを取り巻く環境や彼らが直面する諸問題に目を向けると同時に、遊びや夢、記憶などをキーワードに子どもの持つ多様な感覚に迫る。

参加作家はジェイコブ・A・リースや、日本初公開の作品を展示するフィオナ・タンとウォン・ホイチョンをはじめ、クリスチャン・ボルタンスキー、近藤聡乃、奈良美智、塩田千春、梅佳代など26組。会期中は関連企画として、子どもたち向けのワークショップや子どもをテーマにした映画の特集上映、アーティストトークなどが開催される。

イベント情報

『ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界』

2014年5月31日(土)~8月31日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00、火曜10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
参加作家:
クリスチャン・ボルタンスキー
リネカ・ダイクストラ
ルイス・W・ハイン
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー
影山光洋
菊地智子
金仁淑
近藤聡乃
小西淳也
宮武東洋
トレーシー・モファット
スヘール・ナッファール&ジャクリーン・リーム・サッローム
奈良美智
大竹省二
ジェイコブ・A・リース
塩田千春
ストーリー・コー
フィオナ・タン
照屋勇賢
サンテリ・トゥオリ
梅佳代
ウォン・ソンウォン
ウォン・ホイチョン
山本高之
吉岡専造
ジャン・オー
料金:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子供(4歳~中学生)500円

(テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー 『エイト』 2001年 ビデオ 3分35秒(ループ) Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York、リネカ・ダイクストラ『女の人が泣いています(泣く女)』 2009年 ビデオ・インスタレーション 12分(ループ) Courtesy: Marian Goodman Gallery, New York/Paris、ウォン・ソンウォン『寝坊して』(「7歳の私」シリーズより)2010年 Cプリント 86×120cm、ウォン・ホイチョン『おおスルクレ、わが町スルクレ』 2007年 ビデオ 14分、ジャン・オー『パパとわたし:No.29』 2006年 Cプリント 100×100cm)

テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー 『エイト』 2001年 ビデオ 3分35秒(ループ) Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York
テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー 『エイト』 2001年 ビデオ 3分35秒(ループ) Courtesy: Tanya Bonakdar Gallery, New York
リネカ・ダイクストラ『女の人が泣いています(泣く女)』 2009年 ビデオ・インスタレーション 12分(ループ) Courtesy: Marian Goodman Gallery, New York/Paris
リネカ・ダイクストラ『女の人が泣いています(泣く女)』 2009年 ビデオ・インスタレーション 12分(ループ) Courtesy: Marian Goodman Gallery, New York/Paris
ウォン・ソンウォン『寝坊して』(「7歳の私」シリーズより)2010年 Cプリント 86×120cm
ウォン・ソンウォン『寝坊して』(「7歳の私」シリーズより)2010年 Cプリント 86×120cm
ウォン・ホイチョン『おおスルクレ、わが町スルクレ』 2007年 ビデオ 14分
ウォン・ホイチョン『おおスルクレ、わが町スルクレ』 2007年 ビデオ 14分
ジャン・オー『パパとわたし:No.29』 2006年 Cプリント 100×100cm
ジャン・オー『パパとわたし:No.29』 2006年 Cプリント 100×100cm
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を