ニュース

『サンレコ』5月号表紙はナカコー、連動企画でトラック制作動画を初公開

4月15日発売の音楽雑誌『Sound & Recording Magazine 5月号』の表紙に、中村弘二ことKoji Nakamuraが登場。誌面の連動企画として動画『実録!ナカコーのトラック制作レポ』がウェブマガジンRandoMで公開されている。

同誌のインタビューでは、4月30日にリリースされるKoji Nakamura名義の初アルバム『Masterpeace』の収録曲にまつわる意図を語っているほか、エンジニアの渡辺省二郎からのコメント、トラック映像制作のレポートを掲載。公開中の動画では、7分間にわたって「曲作りの初期段階」を実演している。なお、中村がトラック制作を公開したのは今回が初とのこと。

なお同誌には、チャド・ブレイク、マイケル・ブラウアー、zAkらエンジニアが語る特集「私のミックスを変えた機材」や、表情豊かなボーカルを生み出すボーカルトラックに生き生きとした表情を与える「ピッチコントロールテクニック」特集、渡部高士とTAICHI MASTERの対談などが収録される。

『Masterpeace』は、中村が全曲の作詞提供を受け、サウンドクリエイトと歌唱に専念したという作品。作詞家陣には、ACO、内田万里(ふくろうず)、アニメーション監督の京田知己、JINTANA(Pan Pacific Playa)、脚本家の永津愛子、LEO今井が名を連ねている。初回限定盤にはアルバム収録曲全曲のインストゥルメンタルバージョンを収めたボーナスディスクが付属する。

書籍情報

『Sound & Recording Magazine 5月号』

2014年4月15日(火)発売
価格:1,000円(税込)
発行:リットーミュージック

amazonで購入する

リリース情報

Koji Nakamura
『Masterpeace』初回限定盤(2CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:3,686円(税込)
Ki/oon Music Inc. / KSCL-2400 / KSCL-2401

[DISC1]
1. Blood Music
2. Light Up / Tonight
3. DAISY
4. Diamond
5. I know
6. Cry
7. Rain
8. B.O.Y.
9. Slide
10. Reaction Curve
11. Arrow of Time1
12. TWILIGHT GIRL
13. KISETSU
14. Syutoko
15. Arrow of Time2
[DISC2]
1. Blood Music(Instrumental)
2. Light Up / Tonight(Instrumental)
3. DAISY (Instrumental)
4. Diamond(Instrumental)
5. I know(Instrumental)
6. Cry(Instrumental)
7. Rain(Instrumental)
8. B.O.Y.(Instrumental)
9. Slide(Instrumental)
10. Reaction Curve(Instrumental)
11. Arrow of Time1
12. TWILIGHT GIRL(Instrumental)
13. KESHIKI(Instrumental)
14. Syutoko(Instrumental)
15. Arrow of Time2

amazonで購入する

リリース情報

Koji Nakamura
『Masterpeace』通常盤(CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:3,146円(税込)
Ki/oon Music Inc. / KSCL-2402

1. Blood Music
2. Light Up / Tonight
3. DAISY
4. Diamond
5. I know
6. Cry
7. Rain
8. B.O.Y.
9. Slide
10. Reaction Curve
11. Arrow of Time1
12. TWILIGHT GIRL
13. KISETSU
14. Syutoko
15. Arrow of Time2

amazonで購入する

(画像上:『Sound & Recording Magazine 5月号』表紙、画像下:Koji Nakamura)

『Sound & Recording Magazine 5月号』表紙
『Sound & Recording Magazine 5月号』表紙
Koji Nakamura
Koji Nakamura
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年