桜坂洋×トム・クルーズ『オール・ユー・ニード・イズ・キル』予告編、戦死シーンも

7月4日から公開される映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の予告編が公開された。

同作は、2004年に集英社のスーパーダッシュ文庫から刊行された桜坂洋による小説『All You Need Is Kill』をもとにした作品。侵略者から激しい襲撃を受けている近未来の地球を舞台に、決死の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐が、戦死と生き返りを繰り返す不可思議な時間ループの世界にとらわれる中で、やがて光明を見出していくというあらすじだ。漫画誌『週刊ヤングジャンプ』では小畑健による漫画版も連載されている。

今回公開された予告編では、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキが共に戦うケイジのタイムループに気づく場面をはじめ、兵器を身にまとった兵士たちが侵略者と戦う場面、ケイジがリタのもとで激しい訓練に挑む場面や、ケイジの時間を「リセット」するためにリタが銃でケイジを撃つ場面などが盛り込まれている。

作品情報

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

2014年7月4日(金)から2D&3D公開
監督:ダグ・リーマン
原案:桜坂洋
出演:
トム・クルーズ
エミリー・ブラント
ビル・パクストン
キック・ガリー
ドラゴミール・ムルジッチ
シャーロット・ライリー
ジョナス・アームストロング
フランツ・ドラメー
配給:ワーナー・ブラザース映画

(画像:©2013 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED)

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 桜坂洋×トム・クルーズ『オール・ユー・ニード・イズ・キル』予告編、戦死シーンも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて