ニュース

中島哲也監督『渇き。』予告編、血まみれの役所広司や娘役・小松菜奈の悪魔の顔も

6月27日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開される中島哲也監督の映画『渇き。』から予告編が公開された。

予告編では、役所広司演じる元刑事の藤島昭和が時には血まみれになりながらも小松菜奈演じる娘・加奈子を探す様子が公開されているほか、成績優秀かつ容姿端麗で学園の人気者である加奈子の悪魔のような裏の顔が明かされていくという本編の物語が垣間見える内容となっている。

また、藤島に密着する元部下で刑事の浅井役を演じる妻夫木聡、浅井と同じ署に勤める刑事・愛川役を演じるオダギリジョー、加奈子の中学時代の担任・東役を演じる中谷美紀、加奈子の高校の友人・松下役を演じる橋本愛、加奈子の中学時代の悪友・遠藤を演じる二階堂ふみ、加奈子の同級生でいじめに遭っているボク役を演じる清水尋也らの姿も確認できる。さらにでんぱ組.incの“でんでんぱっしょん”が劇中歌として使用されていることも判明した。

今回あわせて公開されたポスタービジュアルでは、「愛する娘は、バケモノでした。」というコピーと共に、険しい表情の役所と微笑みを浮かべる小松がフィーチャーされている。

『渇き。』は、第3回『このミステリーがすごい!』で大賞を受賞した作家・深町秋生の『果てしなき渇き』を、『告白』『嫌われ松子の一生』などで知られる中島が映画化した作品。自分のせいで失った家族を取り戻すために失踪した娘・加奈子の行方追う元刑事の藤島が、娘の交友関係を辿る中でその本当の姿を知り、想像を超えた事態に巻き込まれていく様子を描く。

※公開日が6月27日に変更になりました(2014年5月16日追記)

作品情報

『渇き。』

2014年6月27日(金)からTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
監督:中島哲也
脚本:中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子
原作:深町秋生『果てしなき渇き』(宝島社刊)
出演:
役所広司
小松菜奈
妻夫木聡
清水尋也
二階堂ふみ
橋本愛
國村隼
黒沢あすか
青木崇高
オダギリジョー
中谷美紀
配給:ギャガ

(画像:©2014「渇き。」製作委員会)

『渇き。』ポスタービジュアル ©2014「渇き。」製作委員会
『渇き。』ポスタービジュアル ©2014「渇き。」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る