ニュース

fhánaの新シングルは『僕らはみんな河合荘』主題歌収録、Galileo Galileiリミックスも

音楽ユニットfhánaのニューシングル『いつかの、いくつかのきみとのせかい』が、4月30日にリリースされる。

fhánaは、サウンドプロデュースを手掛ける佐藤純一(FLEET)、yuxuki waga、Kevin Mitsunaga(Leggysalad)と、ボーカリストのtowanaによるユニット。2013年に森見登美彦原作のテレビアニメ『有頂天家族』のエンディングテーマを収めたシングル『ケセラセラ』でメジャーデビューを果たし、テレビアニメ『ぎんぎつね』『ウィッチクラフトワークス』の主題歌を収めたシングルを発表しているほか、さよならポニーテールやDECO*27らのリミックスなども手掛けている。

彼らにとって4枚目のシングルとなる同作には、4月から放送中のテレビアニメ『僕らはみんな河合荘』の主題歌となるタイトル曲に加えて、カップリング曲“ARE YOU SLEEPING?”が収録される。さらにGalileo Galileiによるタイトル曲のリミックスも収められる。なお、両楽曲の作詞は林英樹が担当している。また、タイトル曲のPVがYouTube、ニコニコ動画で公開中だ。

リリース情報

fhána
『いつかの、いくつかのきみとのせかい』(CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:1,404円(税込)
LACM-14228

1. いつかの、いくつかのきみとのせかい
2. ARE YOU SLEEPING?
3. いつかの、いくつかのきみとのせかい(Galileo Galilei "dog bass" Remix)
4. いつかの、いくつかのきみとのせかい - Instrumental -
5. ARE YOU SLEEPING? - Instrumental -

amazonで購入する

(画像上:fhána、画像下:fhána『いつかの、いくつかのきみとのせかい』ジャケット)

fhána
fhána
fhána『いつかの、いくつかのきみとのせかい』ジャケット
fhána『いつかの、いくつかのきみとのせかい』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問