次世代クリエイターを発掘するスパイラル主催の恒例アートフェス『SICF15』に100組

スパイラルが主催するアートフェスティバル『SICF15』が、5月3日から6日まで4日間にわたり東京・青山のスパイラルホールで開催される。

今年で15回目の開催となる『SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)』は、新人クリエイターの発掘、育成および支援を目的とした公募展形式のアートフェスティバル。絵画、写真、映像、プロダクト、ファッション、立体作品、インスタレーションなど多様なジャンルから100組のアーティストが参加し、各ブースで作品展示を行う。ギャラリストやコレクター、アートディレクターといった来場者も多いことから、アーティストが活躍の幅を広げるきっかけにもなっている。オフィシャルサイトでは、過去に同イベントで各賞を受賞したクリエーターと現代美術家のヤノベケンジや森美術館館長の南條史生らとの対談が掲載されており、参加者のその後の活躍を紹介している。

また、来場者の投票で決定するオーディエンス賞に加え、審査員によりグランプリ、準グランプリ、各審査員賞が選出される。今年の審査員には、浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)、佐藤尊彦(BEAMSプレス)、紫牟田伸子(編集家、プロジェクトエディター)、南條史生(森美術館館長)、岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)が名を連ねている。出展作家などの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『SICF15』

A日程:2014年5月3日(土・祝)~5月4日(日・祝)
B日程:2014年5月5日(月・祝)~5月6日(火・振休)
会場:東京都 青山 スパイラルホール
時間:11:00~19:00
審査員:
浅井隆(有限会社アップリンク社長、『webDICE』編集長)
佐藤尊彦(BEAMSプレス)
紫牟田伸子(編集家、プロジェクトエディター)
南條史生(森美術館館長)
岡田勉(スパイラルチーフキュレーター)
料金:1日券 一般700円 学生500円

(画像:『SICF15』のメインビジュアル、二宮佐和子作品、福重美幸子作品、坂本のどか作品)

  • HOME
  • Art,Design
  • 次世代クリエイターを発掘するスパイラル主催の恒例アートフェス『SICF15』に100組

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて