ニュース

KUDANZ、日本の四季を表現した2年ぶり新作『何処か長閑な』&レコ発全国ツアーも

KUDANZのニューアルバム『何処か長閑な』が、5月14日にリリースされる。

2008年に宮城・仙台で活動を開始し、2012年には佐々木玄のソロプロジェクトとなったKUDANZ。『ARABAKI ROCK FEST』をはじめとする音楽フェスティバルや各地のイベントに出演し、注目を集めている。

2012年発表の『僕とターヘルアナトミア』以来約2年ぶりのアルバムとなる同作は、ロック、フォーク、カントリーといった音楽性を背景に日本の四季を表現し、自らの家族や仲間への感謝を綴った作品。春の訪れをアコースティックギターと打楽器にストリングスを加えて表した“蕾”や、過ぎ去って行く短い夏を惜しみながら秋の訪れを歌った“風の輪郭”など全8曲を収録している。

また、6月21日からは同作のリリースを記念した全国ツアー『その階段を、一段一段ゆっくりと』を開催。チケットの一般発売は5月25日からスタートする。

リリース情報

KUDANZ
『何処か長閑な』(CD)

2014年5月14日(水)発売
価格:1,500円(税込)
funny easel / FUNN-0001

1. 砂上のワルツ~overture~
2. 蕾
3. 砂粒の記憶
4. お盆~hommage to Y.Y.T~
5. 風の輪郭
6. back again
7. 太陽
8. 砂上のワルツ~curtain call~

amazonで購入する

イベント情報

KUDANZ
『その階段を、一段一段ゆっくりと』

2014年6月21日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 心斎橋 Pangea

2014年6月22日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知県 名古屋 SONSET STRIP

2014年6月28日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR

2014年6月29日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:宮城県 仙台 PARK SQUARE

料金:各公演 3,000円

(画像上:KUDANZ『何処か長閑な』ジャケット、画像下:KUDANZ)

KUDANZ『何処か長閑な』ジャケット
KUDANZ『何処か長閑な』ジャケット
KUDANZ
KUDANZ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像