ニュース

KUDANZ、日本の四季を表現した2年ぶり新作『何処か長閑な』&レコ発全国ツアーも

KUDANZのニューアルバム『何処か長閑な』が、5月14日にリリースされる。

2008年に宮城・仙台で活動を開始し、2012年には佐々木玄のソロプロジェクトとなったKUDANZ。『ARABAKI ROCK FEST』をはじめとする音楽フェスティバルや各地のイベントに出演し、注目を集めている。

2012年発表の『僕とターヘルアナトミア』以来約2年ぶりのアルバムとなる同作は、ロック、フォーク、カントリーといった音楽性を背景に日本の四季を表現し、自らの家族や仲間への感謝を綴った作品。春の訪れをアコースティックギターと打楽器にストリングスを加えて表した“蕾”や、過ぎ去って行く短い夏を惜しみながら秋の訪れを歌った“風の輪郭”など全8曲を収録している。

また、6月21日からは同作のリリースを記念した全国ツアー『その階段を、一段一段ゆっくりと』を開催。チケットの一般発売は5月25日からスタートする。

リリース情報

KUDANZ
『何処か長閑な』(CD)

2014年5月14日(水)発売
価格:1,500円(税込)
funny easel / FUNN-0001

1. 砂上のワルツ~overture~
2. 蕾
3. 砂粒の記憶
4. お盆~hommage to Y.Y.T~
5. 風の輪郭
6. back again
7. 太陽
8. 砂上のワルツ~curtain call~

amazonで購入する

イベント情報

KUDANZ
『その階段を、一段一段ゆっくりと』

2014年6月21日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 心斎橋 Pangea

2014年6月22日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:愛知県 名古屋 SONSET STRIP

2014年6月28日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR

2014年6月29日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:宮城県 仙台 PARK SQUARE

料金:各公演 3,000円

(画像上:KUDANZ『何処か長閑な』ジャケット、画像下:KUDANZ)

KUDANZ『何処か長閑な』ジャケット
KUDANZ『何処か長閑な』ジャケット
KUDANZ
KUDANZ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年