特集 PR

ササキゲン(KUDANZ)×川谷絵音(indigo la End)対談

ササキゲン(KUDANZ)×川谷絵音(indigo la End)対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

若手バンドの登竜門として、すっかり定着したライブイベント『スペースシャワー列伝』。5月18日に渋谷のO-NESTで行われる第八十九巻『むだいの宴』の開催を前に、その日に出演するKUDANZのササキゲン、indigo la Endの川谷絵音、両フロントマンによる対談を敢行した(同イベントには他に、赤い公園、Hello Sleepwalkersが出演する)。4月の同日にそれぞれがアルバムをリリースしたこの2組は、世代やサウンドこそやや異なるものの、どちらも素晴らしい歌を響かせるバンドであることに変わりはない。『列伝』に先んじての対バンが実現したライブの後に行われたこの対談は、まるで打ち上げの席に同席したかのような、リアルなバンドトークを聞くことができる、貴重な機会となった。

一言一言みんなに置きに行くっていう気持ちはあります。(ササキ)

―まずは、お互いの今日のライブの印象から聞かせてください。

ササキ:とりあえず、すごい冷静な人なんだなって思いました。あと、サウンドの完成度が高くて、単純に見てて勉強になりました。

―冷静っていうのはどういう部分で思いました?

ササキ:盛り上がってワーッてなっちゃってても、ワーッてなる過程が冷静だったりとか。自在に感情を表現してたから、すごい冷静だなって。

川谷:最近ワーッってなっちゃうことが多くて、自分の中で収拾がつかなくなることもあったんで、今日は抑えてやってみようと思ったんです。

ササキ:僕にはない部分なんで、羨ましいです(笑)。

―ササキさんは冷静になれない?

ササキ:結構ダメなんですよ…他の人から見たらどうなんでしょう?

川谷:冷静だと思いましたよ。自分に近いものも感じたし、ライブ自体すごく楽しめました。“信じない”って曲とかすごい好きで、歌詞の符割りが自分とは違うんですよね。例えば、「僕はリンゴを食べました」って言うのでも、「僕は、リンゴを、食べました」ぐらいの、切って歌うのが多いじゃないですか? 歌詞をかみしめて歌ってる感じが印象的で、ライブで聴いてもそれがすごくいいなって。

左:ササキゲン(KUDANZ) 右:川谷絵音(indigo la End)
左:ササキゲン(KUDANZ) 右:川谷絵音(indigo la End)

―確かに、KUDANZはライブで初めて聴いたとしても、言葉がしっかり伝わってくる感じがありますよね。

ササキ:全員の顔を見ながら歌おうと思ってて。歌ってて届かない人がいたら嫌だなって思うから、一言一言みんなに置きに行くっていう気持ちはあります。

川谷:僕も置きに行くっていうのをやりたいんですけど、できないんですよね。

ササキ:単純に、僕らは曲のスピードが違うじゃん? 僕は速い曲だと置きに行く感覚で歌えないから、フラストレーションがあって。まあそれも鍛錬だと思うんで、今すごい練習してるんですけど(笑)。でも、やっぱり自分のタイム感ってあるじゃないですか? 結果的にKUDANZにスローとかミドルの曲が多くなってるのは、そういう理由なのかなって思いますけどね。

―タイム感はそれぞれあるにせよ、歌の力をすごく感じる2バンドだなっていうのは間違いなくありますね。

ササキ:そうですね。僕も(インディゴの)歌詞めっちゃわかりましたもん。

2/4ページ:歌ってないと不安になってくる時期に今突入してます。(川谷)

Page 1
次へ

イベント情報

『スペースシャワー列伝 〜第八十九巻 むだいの宴〜』

2012年5月18日(金) OPEN: 18:00 / START: 19:00
会場:渋谷O-NEST
料金: 前売2,500円 当日3,000円 (ドリンク別)

出演:
赤い公園
KUDANZ
Hello Sleepwalkers
indigo la End

リリース情報

indigo la End『さようなら、素晴らしい世界』
indigo la End
『さようなら、素晴らしい世界』

2012年4月11日発売
価格:1,800円(税込)
PECF-3018

1. 緑の少女
2. 秘密の金魚
3. 夢で逢えたら
4. Warhol
5. 夜の公園
6. ジョン・カーティス
7. むだい
8. 素晴らしい世界

リリース情報

KUDANZ『KUDANZ歌集「僕とターヘルアナトミア」』
KUDANZ
『KUDANZ歌集「僕とターヘルアナトミア」』

2012年4月11日発売
価格:2,520円(税込)

1. 過去のカルテ
2. アダム
3. ぶち壊したいだけ
4. yoursong
5. 汚れた獣
6. 無神論
7. 信じない
8. programs
9. 宇宙は回る
10. カンフル

プロフィール

KUDANZ

2008年、ササキゲンを中心に仙台で結成。エレキギター弾き語りのソロ、アコースティックセット、3ピース、4人編成など、形態は様々。

プロフィール

indigo la End

2010年2月より活動を開始。絶対的な歌を中心に美しい音をポップに奏でる4人組。心象風景が音楽で具現化されたような際限のない広々とした世界観、ボーカル川谷絵音の広く深く響く歌声を主軸とし確固たる独自の世界を多様な音楽で紡ぎ出すロックバンド。2012年4月11日にアルバム『さようなら、素晴らしい世界』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年