ニュース

5万回斬られた「斬られ役」俳優の初主演映画、光の当たらない斬られ役の生き様描く

数々の時代劇で「斬られ役」を務める福本清三の初主演映画『太秦ライムライト』が、6月14日から関西で先行公開、7月12日から全国で公開される。

1943年に生まれ、20代後半から斬られ役として時代劇を中心に多くの映画やドラマに出演してきた殺陣技術集団「東映劍会」所属の福本清三。これまでに斬られた回数は5万回を超えると言われており、トム・クルーズ主演映画『ラストサムライ』への出演でも注目を集めた。

京都・太秦が舞台の『太秦ライムライト』は、チャールズ・チャップリンの『ライムライト』をモチーフに、脚光の当たることのない時代劇の斬られ役の今を描いた作品。長年出演していた時代劇の放送が突然打ち切りになった斬られ役一筋の俳優・香美山清一と、香美山に弟子入りした女優・伊賀さつきの関係を中心に、やがて人気女優となったさつきと、斬られ役を引退して故郷で余生を送る清一が、さつきの主演映画で再び刀を交わす様を描く。

主人公の清一を福本が演じるほか、さつき役を『第4回世界ジュニア武術選手権大会』で金メダルを獲得した山本千尋が演じる。さらに松方弘樹、小林稔侍、本田博太郎、萬田久子、合田雅吏、栗塚旭ら太秦に縁のある俳優達がキャストに名を連ねている。

福本清三のコメント

今回、初の“主演”という身に余る栄誉を戴きました。その重責を、公私に亘り背中を押して下さった方々のお蔭で無事に勤め上げることが出来ました。唯々、「感謝」の一言です。

作品情報

『太秦ライムライト』

2014年6月14日(土)から関西で先行公開、7月12日(土)から全国公開
監督:落合賢
脚本:大野裕之
出演:
福本清三
山本千尋
本田博太郎
合田雅吏
峰蘭太郎
栗塚旭
木下通博
柴田善行
多井一晃
中島ボイル
川嶋杏奈
尚玄
中村静香
市瀬秀和
海老瀬はな
萬田久子
小林稔侍
松方弘樹
配給:ティ・ジョイ

(画像:映画『太秦ライムライト』より ©2013 Uzumasa Limelight. All Rights Reserved.)

映画『太秦ライムライト』より ©2013 Uzumasa Limelight. All Rights Reserved.
映画『太秦ライムライト』より ©2013 Uzumasa Limelight. All Rights Reserved.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像