ニュース

『やついフェス』第3弾発表で大槻ケンヂ、後藤まりこ、宮沢章夫、OL Killerら40組

6月21日に東京・渋谷の複数会場で同時開催されるやついいちろう(エレキコミック)主催のライブイベント『YATSUI FESTIVAL! 2014』の第3弾追加出演者が発表された。

出演が明らかになったのは、アカシック、江戸むらさき、エレクトリックリボン、OL Killer、大槻ケンヂ、快速東京、かせきさいだぁ&ハグトーンズ、片平実(Getting Better)、かみぬまゆうたろう、GEZAN、ゲッターズ飯田、後藤まりこ、SAKANAMON、THE GEESE、THE BOHEMIANS、さんみゅ~、磁石、しりあがり寿、スカート、スパローズ、セカイイチ、田上よしえ、ダブルブッキング、タルトタタン、ツィンテル、どぶろっく、ナイツ、中村一義、花香よしあき、バニラビーンズ、phatmans after school、Who the Bitch、BELLRING少女ハート、松田“CHABE”岳二(Cubismo Grafico)、宮沢章夫、宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)、MOP of HEAD、ラブレターズ、LinQ、ワンダフルボーイズの計40組。今後も追加発表を予定している。チケットは現在発売中だ。

イベント情報

『YATSUI FESTIVAL! 2014』

2014年6月21日(土)OPEN / START 12:30
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、duo MUSIC EXCHANGE、7th FLOOR、club asia、VUENOS、Glad、SOUND MUSEUM VISION

出演:
DJやついいちろう
アルカラ
エレ片
危険日チャレンジガールズ!
GUEEN
GOING UNDER GROUND
渋さ知らズオーケストラ
曽我部恵一
D.W.ニコルズ
堂島孝平
ニューロティカ
人間椅子
Negicco
NONA REEVES
爆乳ヤンキー
パスピエ
FLY OR DIE
ホフディラン
堀江貴文
夜明ケマエ
レキシ
赤い公園
阿佐ヶ谷姉妹
麻美ゆま
アップアップガールズ(仮)
アナログタロウ
いとうせいこう
ウエストランド
うしろシティ
鬼ヶ島
Charisma.com
吉川友
キック
KETTLES
GeroBAND
グッバイフジヤマ
三四郎
ジグザグジギー
シャムキャッツ
住所不定無職
杉作J太郎
TAIGA
タカラダミチノブ
DJみそしるとMCごはん
DPG
tricot
永野
並木橋Hi-School
南波志帆
日本エレキテル連合
ハイスイノナサ
hy4_4yh
バクバクドキン
はなわ
バンドじゃないもん!
風男塾
Bryan Associates Club
ゆってぃ
吉田豪
lyrical school
アカシック
江戸むらさき
エレクトリックリボン
OL Killer
大槻ケンヂ
快速東京
かせきさいだぁ&ハグトーンズ
片平実(Getting Better)
かみぬまゆうたろう
GEZAN
ゲッターズ飯田
後藤まりこ
SAKANAMON
THE GEESE
THE BOHEMIANS
さんみゅ~
磁石
しりあがり寿
スカート
スパローズ
セカイイチ
田上よしえ
ダブルブッキング
タルトタタン
ツィンテル
どぶろっく
ナイツ
中村一義(Acoustic set)
花香よしあき
バニラビーンズ(バンド編成)
phatmans after school
Who the Bitch
BELLRING少女ハート
松田“CHABE”岳二(Cubismo Grafico)
宮沢章夫
宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)
MOP of HEAD
ラブレターズ
LinQ
ワンダフルボーイズ
and more

料金:一般6,500円(ドリンク別)

(画像:『YATSUI FESTIVAL! 2014』ロゴ)

『YATSUI FESTIVAL! 2014』ロゴ
『YATSUI FESTIVAL! 2014』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開