現在進行形の音楽を紹介する新たなムック『CON-TEXT』、アートワーク作家特集も

新たな音楽ムック『CROSSBEAT Presents CON-TEXT』が、5月14日に刊行された。

「現在進行形の新しい音楽=OTHER MUSIC」をテーマに掲げる同誌では、海外のインディーロックを中心に紹介。THE HORRORSの撮り下ろしグラビアとインタビューが掲載されるほか、ブライアン・イーノも参加した最新作『In Conflict』を発表するオーウェン・パレットの歩みを、参加作品からヘアスタイルまで含めて振り返る記事が掲載される。

さらに女性アーティスト8人に注目する『Huit Femmes~8人の女たち』、インディーロックのアートワークを作家ごとに取り上げる『SOUND AND VISION』、2014年上半期にリリースされた200枚超のアルバムをレコードショップのバイヤーとライターたちが整理するガイド、Avey Tare(Animal Collective)のホラー映画入門、MAX TUNDRAの人生相談といった多彩な内容となっている。監修は清水祐也と佐藤一道(共にMonchicon!)が担当。

書籍情報

『CROSSBEAT Presents CON-TEXT』

2014年5月14日(水)発売
監修:清水祐也、佐藤一道
価格:1,188円(税込)
発行:シンコーミュージック

amazonで購入する

(画像:『CROSSBEAT Presents CON-TEXT』表紙)

  • HOME
  • Book
  • 現在進行形の音楽を紹介する新たなムック『CON-TEXT』、アートワーク作家特集も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて