ニュース

映画『日々ロック』追加キャストに黒猫岡本、SALOVERS古舘、前野朋哉、蛭子能収ら

入江悠監督の映画『日々ロック』の追加キャストが発表された。

榎屋克優の同名漫画をもとにした同作は、ライブで極限までエキサイトすると思わず全裸になってしまうという癖を持つ、冴えないロックミュージシャン・日々沼拓郎の熱い青春を描く作品。拓郎役を野村周平、ヒロインの宇田川咲役を二階堂ふみが演じることがすでに発表されていた。

今回発表された追加キャストには、拓郎が結成したバンド「ザ・ロックンロールブラザーズ」のドラマー依田明役を演じる岡本啓佑(黒猫チェルシー)、アングラバンド「犬レイプ」のメンバー犬飼佑一郎役を演じる古舘佑太郎(The SALOVERS)、さらに演奏陣にはThe SALOVERS、ミサルカが名を連ねている。

さらにザ・ロックンロールブラザーズのベーシスト・草壁まもる役に前野朋哉、ライバルのバンド「ザ・ランゴリアーズ」のボーカリスト・新庄役に落合モトキ、犬レイプのメンバー「象徴さん」役に蛭子能収、拓郎たちが働く伝説のライブハウス・モンスターGOGOの店長役に竹中直人、宇田川咲の音楽プロデューサー・風間泉役に毬谷友子、モンスターGOGOの美人店員・町田町子役に喜多陽子がキャスティングされている。

なお、同作の撮影は5月3日にクランクアップを迎えた。クライマックスシーンでは、最大風速27メートルの暴風雨に打たれながら演奏する場面が2日間にわたって撮影されたという。

作品情報

『日々ロック』

2014年秋から全国ロードショー
監督:入江悠
脚本:入江悠、吹原幸太
原作:榎屋克優『日々ロック』(集英社)
出演:
野村周平
二階堂ふみ
前野朋哉
落合モトキ
岡本啓佑
古舘佑太郎
喜多陽子
毬谷友子
蛭子能収
竹中直人
配給:松竹

(画像:左上から時計回りに、前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑、古舘佑太郎、竹中直人、蛭子能収、毬谷友子、喜多陽子)

左上から時計回りに前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑、古舘佑太郎、竹中直人、蛭子能収、毬谷友子、喜多陽子
左上から時計回りに前野朋哉、落合モトキ、岡本啓佑、古舘佑太郎、竹中直人、蛭子能収、毬谷友子、喜多陽子
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー