ニュース

松山ケンイチが地上に降り立つ天界のお茶汲み人に、SABU監督最新作『天の茶助(仮)』

SABU監督の新作映画『天の茶助(仮)』が、2015年に全国で公開される。

幻冬舎から刊行予定のSABU監督の初小説『天の茶助(仮)』を原作にした同作。脚本家たちが地上で生きる人々の「人生のシナリオ」を執筆している天界に住み、お茶汲みをしている茶助を主人公に、自身が好意を抱く地上の女性・ユリが交通事故で死ぬという運命にあること知った茶助が、彼女を救うために地上に降り立ち奮闘する物語を描く。

主人公・茶助を演じるのは松山ケンイチ。ヒロイン・ユリを大野いとが演じる。さらに、大杉漣、寺島進、伊勢谷友介や、同作が映画デビューとなるモデルの玉城ティナも出演する。

なお同作の制作はオフィス北野が担当。沖縄県のバックアップのもと、全編沖縄県での撮影が予定されているという。オフィシャルサイトではエキストラの募集も行われている。

SABU監督のコメント

出来たら凄いけど何やかんや難しいだろうと思っていたのに、松山ケンイチ君の「やります」の一言とオフィス北野の市山さん(プロデューサー)の「やりますよ」の二つ返事に驚愕。お二人とも凄い人です。凄い人の所にはやっぱり凄い人たちが集まるもので、今もまだ集まり続ける中、間もなく撮影開始です。全編沖縄ロケ。沖縄の凄い協力と凄い応援。凄い映画になります。

松山ケンイチのコメント

またSABUさんと一緒に仕事ができる事をとても嬉しく思っています。強さと優しさと可愛さを兼ね備えた役なので、全て表現できる様に突っ走りたいと思います。

作品情報

『天の茶助(仮)』

2015年に全国ロードショー
監督・脚本:SABU
原作:SABU『天の茶助(仮)』(幻冬舎から出版予定)
出演:
松山ケンイチ
大野いと
大杉漣
伊勢谷友介
玉城ティナ
寺島進
配給:松竹、オフィス北野

(画像:左上から時計回りに、松山ケンイチ、大野いと、寺島進、玉城ティナ、伊勢谷友介、大杉漣)

左上から時計回りに、松山ケンイチ、大野いと、寺島進、玉城ティナ、伊勢谷友介、大杉漣
左上から時計回りに、松山ケンイチ、大野いと、寺島進、玉城ティナ、伊勢谷友介、大杉漣
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材