ニュース

松山ケンイチが地上に降り立つ天界のお茶汲み人に、SABU監督最新作『天の茶助(仮)』

SABU監督の新作映画『天の茶助(仮)』が、2015年に全国で公開される。

幻冬舎から刊行予定のSABU監督の初小説『天の茶助(仮)』を原作にした同作。脚本家たちが地上で生きる人々の「人生のシナリオ」を執筆している天界に住み、お茶汲みをしている茶助を主人公に、自身が好意を抱く地上の女性・ユリが交通事故で死ぬという運命にあること知った茶助が、彼女を救うために地上に降り立ち奮闘する物語を描く。

主人公・茶助を演じるのは松山ケンイチ。ヒロイン・ユリを大野いとが演じる。さらに、大杉漣、寺島進、伊勢谷友介や、同作が映画デビューとなるモデルの玉城ティナも出演する。

なお同作の制作はオフィス北野が担当。沖縄県のバックアップのもと、全編沖縄県での撮影が予定されているという。オフィシャルサイトではエキストラの募集も行われている。

SABU監督のコメント

出来たら凄いけど何やかんや難しいだろうと思っていたのに、松山ケンイチ君の「やります」の一言とオフィス北野の市山さん(プロデューサー)の「やりますよ」の二つ返事に驚愕。お二人とも凄い人です。凄い人の所にはやっぱり凄い人たちが集まるもので、今もまだ集まり続ける中、間もなく撮影開始です。全編沖縄ロケ。沖縄の凄い協力と凄い応援。凄い映画になります。

松山ケンイチのコメント

またSABUさんと一緒に仕事ができる事をとても嬉しく思っています。強さと優しさと可愛さを兼ね備えた役なので、全て表現できる様に突っ走りたいと思います。

作品情報

『天の茶助(仮)』

2015年に全国ロードショー
監督・脚本:SABU
原作:SABU『天の茶助(仮)』(幻冬舎から出版予定)
出演:
松山ケンイチ
大野いと
大杉漣
伊勢谷友介
玉城ティナ
寺島進
配給:松竹、オフィス北野

(画像:左上から時計回りに、松山ケンイチ、大野いと、寺島進、玉城ティナ、伊勢谷友介、大杉漣)

左上から時計回りに、松山ケンイチ、大野いと、寺島進、玉城ティナ、伊勢谷友介、大杉漣
左上から時計回りに、松山ケンイチ、大野いと、寺島進、玉城ティナ、伊勢谷友介、大杉漣
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告