ニュース

多次元の観念に基づいた新たな答えを提示、レネ・シュピッツァーと佃弘樹の2人展

レネ・シュピッツァーと佃弘樹の2人展『The Noom Induction』が、5月31日から東京・渋谷のNANZUKAで開催される。

ドイツ・デュッセルドルフを拠点に活動するレネ・シュピッツァーは、これまでにドイツ国内のほか、アメリカやイギリス、オランダなどで展覧会に参加。地球と平行した別世界が無限に存在し、また、あらゆる思想概念や想像したものは実在するという前提に基づき、キャンバスや映像、紙工作など様々な媒体を用いて、地球と類似した別の世界を表現した作品を発表している。

これまでに3度にわたりNANZUKAで個展を開催している佃弘樹は、近年オランダ、ドイツでの個展をはじめ、海外へと活動の幅を広げている。自身で「外の世界(アウターワールド)」と解説する佃の作品は、人工建造物、植物、幾何学形、記号など記憶の中に存在するものや空想したものといったモチーフを、モノクロームの鋭い線で描く。

2011年にアートフェア『Art Cologne』で出会った2人は、2012年に東京・原宿のTokyo Cultuart by BEAMSで2人展『N = R* x fp x ne x fl x fi x fc x L』を開催。2度目の2人展となる『The Noom Induction』展では、シュピッツァーの近作・新作と佃の新作に加え、2人が共同で制作したインスタレーションを展示する。作品には、「物事は想像した時点でフィクションではなくその存在確率が発生する」という多次元の観念に基づき、人々を既成概念を超えた新しい答えや経験へと導くのではないか、という思いが込められているという。

なお、展覧会初日の5月31日には、シュピッツァーと佃を囲むオープニングレセプションが行われる。

イベント情報

レネ・シュピッツァー×佃弘樹
『The Noom Induction』

2014年5月31日(土)~6月28日(土)
会場:東京都 渋谷 NANZUKA
時間:11:00~19:00
休廊日:日曜、月曜、祝祭日

オープニングレセプション
2014年5月31日(土)18:00~20:00
会場:東京都 渋谷 NANZUKA

(画像上:『Helmet』 colorpencil, acrylics on canvas, 41x36.5cm, 2014 ©René Spitzer Courtesy of NANZUKA、画像中:『Noom Pilot』 colorpencil, acrylics on canvas, 50x40cm, 2014 ©René Spitzer Courtesy of NANZUKA、画像下:『Spaceship BLSH』 Paper, Ink, pen, mirrorfoil, 46 x 28 x 14cm, 2013 ©René Spitzer Courtesy of NANZUKA)

『Helmet』 colorpencil, acrylics on canvas, 41x36.5cm, 2014 ©René Spitzer  Courtesy of NANZUKA
『Helmet』 colorpencil, acrylics on canvas, 41x36.5cm, 2014 ©René Spitzer Courtesy of NANZUKA
『Noom Pilot』 colorpencil, acrylics on canvas, 50x40cm, 2014 ©René Spitzer  Courtesy of NANZUKA
『Noom Pilot』 colorpencil, acrylics on canvas, 50x40cm, 2014 ©René Spitzer Courtesy of NANZUKA
『Spaceship BLSH』 Paper, Ink, pen, mirrorfoil, 46 x 28 x 14cm, 2013 ©René Spitzer  Courtesy of NANZUKA
『Spaceship BLSH』 Paper, Ink, pen, mirrorfoil, 46 x 28 x 14cm, 2013 ©René Spitzer Courtesy of NANZUKA
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像