ニュース

映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクン、新作含む国内最大規模の個展

アピチャッポン・ウィーラセタクンの個展『PHOTOPHOBIA』が、6月14日から京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで開催される。

タイのイーサーン地方を制作拠点の中心とし、地域に伝わる迷信や個人的な記憶、夢、無意識、森の中の記憶などを主題に作品の発表を続ける映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクン。論理的な理解を求めない抒情的な作風である一方で、タイの現代社会が抱える様々な問題を作品の中に反映させている。映画監督としては、2010年の『ブンミおじさんの森』で『カンヌ国際映画際』最高賞のパルムドールを受賞。また、現代美術作家としては映像を使ったインスタレーションの代表作『Primitive』が、『ドクメンタ13』をはじめ数々の美術館を巡回した。

アピチャッポンの個展としては国内最大規模となる同展では、日本初展示の新作を含む約40点を展示。1999年制作の『Windows』から2014年制作の『Fireworks』までの映像作品を中心に、写真などの平面作品も出展される。

なお、6月13日には同展のプレイベントとして、本田ゆか(Cibo Matto)や大野由美子(Buffalo Daughter)がアルバムに参加し、ウィーラセタクンがPVを手掛けたこともあるタイのバンドModerndogのボーカル・PODのライブを開催。当日の会場構成をアピチャッポンが手掛ける。

イベント情報

アピチャッポン・ウィーラセタクン
『PHOTOPHOBIA』

2014年6月14日(土)~7月27日(日)
会場:京都府 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
時間:11:00~19:00(最終入場18:45まで)
料金:無料

プレイベント
『POD(Moderndog)Special Live』

2014年6月13日(金)18:00~
会場:京都府 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 2F

レセプション
2014年6月13日(金)19:00~
会場:京都府 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 2F

(画像上・中:アピチャッポン・ウィーラセタクン『Power Boy』, print on paper, 1,500mm × 2,250mm, 2011、画像下:アピチャッポン・ウィーラセタクン『Flesh and Skeletons from Firework』, 2014 (参考作品))

アピチャッポン・ウィーラセタクン『Power Boy』, print on paper, 1,500mm × 2,250mm, 2011
アピチャッポン・ウィーラセタクン『Power Boy』, print on paper, 1,500mm × 2,250mm, 2011
アピチャッポン・ウィーラセタクン『Power Boy』, print on paper, 1,500mm × 2,250mm, 2011
アピチャッポン・ウィーラセタクン『Power Boy』, print on paper, 1,500mm × 2,250mm, 2011
アピチャッポン・ウィーラセタクン『Flesh and Skeletons from Firework』, 2014 (参考作品)
アピチャッポン・ウィーラセタクン『Flesh and Skeletons from Firework』, 2014 (参考作品)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー