大友良英、contact Gonzoら出演、実験的パフォーマンスのアーカイブプロジェクト

実験的パフォーマンスのアーカイブプロジェクト『Tokyo Experimental Performance Archive』によるイベントが、7月18日から4回にわたって東京・六本木のSuperDeluxeで開催される。

一般社団法人日本パフォーマンス/アート研究所が主催する『Tokyo Experimental Performance Archive』は、身体表現を軸とした実験的なパフォーマンスという表現領域や、20世紀初頭以降に蓄積されてきたパフォーマンスの歴史的コンテクストを再構築し、次世代の創作活動に繋げることをミッションに掲げたプロジェクト。パフォーマンスの新しい観客層を開拓すると同時にその表現を次世代へ継承するため、インターネットを活用した新しいプラットフォーム作りを目指す。

同プロジェクトでは、SuperDeluxeで行われるイベントをリアルタイムでネット配信し、その映像をインターネット上にアーカイブする。出演者は、7月18日に出演する大友良英、contact Gonzo、8月30日に出演する室伏鴻、伊東篤宏、9月23日に出演する山崎広太、恩田晃。さらに9月15日には、藤幡正樹、大谷能生らが出演するカンファレンスが行われる。

イベント情報

『Tokyo Experimental Performance Archive』

2014年7月18日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
大友良英
contact Gonzo
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

2014年8月30日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
室伏鴻
伊東篤宏
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

2014年9月23日(火・祝)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
山崎広太
恩田晃
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

カンファレンス
2014年9月15日(月・祝)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
藤幡正樹(東京藝術大学教授)
太下義之(UFJリサーチ&コンサルティング)
福井建策(弁護士)
川口隆夫(ダンサー、パフォーマー)
向雲太郎(舞踏家、振付家、演出家)
大谷能生(音楽家、批評家)
木村覚(美学研究者、ダンス批評)
ほか
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

  • HOME
  • Stage
  • 大友良英、contact Gonzoら出演、実験的パフォーマンスのアーカイブプロジェクト

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて