場末のスナックに集まる人々描く映画『小川町セレナーデ』、安田顕がオカマダンサーに

原桂之介監督の映画『小川町セレナーデ』が、10月4日から東京・角川シネマ新宿、神奈川・川崎チネチッタほか全国で公開される。

小川町を舞台にした同作は、場末のスナック「スナック小夜子」のママでシングルマザーの真奈美と、真奈美の親友でオカマのエンジェルとの間に生まれた小夜子が、「偽オカマバー」としてスナックを立て直すべく、自分の父親とは知らずにエンジェルに助けを求めたことから巻き起こる物語を描く。

シングルマザーとして小夜子と共にたくましく暮らす真奈美を演じるのは須藤理彩。オカマのダンサー・エンジェル役を安田顕、本当の父親を知らずに成長する小夜子役を藤本泉が演じる。さらに、小林きな子、高橋洋、阿部進之介、濱田ここね、大浦龍宇一、金山一彦、大杉漣らが脇を固める。主題歌は、6月にリリースされた私立恵比寿中学のシングル『バタフライエフェクト』の「初回生産限定ヨーデル盤」に収録されている“幸せの貼り紙はいつも背中に”となる。なお、同曲の編曲は鈴木慶一と曽我部恵一によるWK1が手掛けている。

作品情報

『小川町セレナーデ』

2014年10月4日(土)から角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次公開
監督・脚本:原桂之介
主題歌:私立恵比寿中学“幸せの貼り紙はいつも背中に”
出演:
須藤理彩
藤本泉
小林きな子
高橋洋
阿部進之介
濱田ここね
大浦龍宇一
金山一彦
大杉漣
安田顕
配給:アイエス・フィールド

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 場末のスナックに集まる人々描く映画『小川町セレナーデ』、安田顕がオカマダンサーに

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて