ニュース

実写『進撃の巨人』で長谷川博己が「最強の男」に、水原希子やピエール瀧の出演も判明

実写映画『進撃の巨人』の追加キャストが発表。また、2015年夏に前後編の二部作で公開されることも明らかになった。

『別冊少年マガジン』で連載中の諫山創による同名漫画を実写映画化する同作は、諫山監修のもと、監督に樋口真嗣、脚本に渡辺雄介と町山智浩を迎えて制作。原作の物語やキャラクターにオリジナルの要素を織り込んだ内容になっており、巨人のいる世界とその世界に抗う若者たちの姿を「立体機動」を駆使したアクションと共に描く。これまでの発表では、主演を三浦春馬が務めることが明かされていた。

今回発表された追加キャストは、長谷川博己をはじめ、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼。それぞれの役柄は発表されていないが、長谷川は「最強の男」を演じていることをコメントで明かしているほか、水原と桜庭がアクションに初めて挑戦していることや、石原が立体機動装置を装着して撮影に臨んでいること、松尾が巨人と戦うキャラクターを演じていること、ピエール瀧は巨人役ではないことなどが明らかになっている。

三浦春馬のコメント

『進撃の巨人』実写化という〝大きな挑戦″に携われることをとても光栄に思うと同時に大きなプレッシャーも感じています。現場では樋口監督をはじめとした熱意溢れるスタッフの皆様の存在がとても心強く、また、たくさんのアイディアを出し合えるキャストの方々に、日々感謝しています。素晴らしい原作へ敬意を込め、自分の体に流れるすべてのエネルギーを役に注ぎ込み、残りの撮影も全力で臨みます。

長谷川博己のコメント

世界的に有名なマンガ、『進撃の巨人』を実写化する、という噂は聞いていましたが、自分が出演させていただけるとは思いもしませんでした。私の役は…、まだ多くを語れませんが、最強の男、という役だけあって、なぜ私にオファーをいただけたのかを考えつつ、思いっきり楽しんで演ろうと思っております。どうぞお楽しみに。

水原希子のコメント

今回、出演のお話を頂きとても嬉しい気持ちと、アクション演技は初挑戦なので不安もありましたが、素晴らしい共演者の方々や、スタッフの方々に恵まれ、日々刺激を受けながら撮影を行っております。アクションシーンが多いこともあって、過酷な撮影が多いのですが、その分キャストと監督、スタッフとの仲が深まっていって、本当に皆で協力してこの映画を良い作品にしようと日々頑張っています。樋口監督もワンシーンワンシーン熱心に指導してくださって、過酷な現場ではありますが、現場にリラックスした雰囲気を作ってくださっています。壮大なセットの中での撮影は、役に成りきって全身全霊を込めて演じております。

本郷奏多のコメント

『進撃の巨人』は元々大好きな作品だったので、この作品に参加させていただけて本当に嬉しいです。街並みや衣装等、素晴らしい世界観の中で毎日手応えのある撮影を進めています。脚本もよく練られていますし、映像の迫力もかなり凄いです。とにかく真っ直ぐ、時に全力で怯えながら演じたいと思います。映画は映画で良作になると確信していますので、僕も心臓を捧げるつもりで頑張ります。是非楽しみにしていてください!

三浦貴大のコメント

もともと原作を読んでいたので、実写映画化されると聞いた時は驚きました。そこにまさか自分が出られるとは思っていなかったので、大変光栄です。特撮が多い作品で、慣れない部分も多いですが多くの皆様に愛される映画にするべく、この作品に携わる多くの人達の中のひとりとして全力で撮影に臨みます。

桜庭ななみのコメント

今回『進撃の巨人』に出演させてもらえることになり、とても嬉しいです。アクションシーンも多く、アクションは初めての挑戦になるので、毎日が新鮮で緊張と楽しみの連続です。キャスト皆、撮影に入る前からアクション練習を行っていますので、出来上がりは、迫力のある戦闘シーンをお見せ出来ればと思います。あと、撮影で印象に残っているのは、軍艦島での撮影です。すごく雰囲気のある場所で、そこに立っただけで、作品の世界に、役に入る事が出来ました。原作が人気の作品なので、ファンの皆さんに、満足して頂ける作品になるように、全力で挑みますので、楽しみにしていて下さい。

石原さとみのコメント

お話をいただいてから漫画とアニメをみました。ものすごくハマってしまい続きが気になって仕方ありません。今回、大変な役を与えていただきました。かなりの挑戦です。正直プレッシャーに押しつぶされそうです。でもこんなにも魅力的なキャラクターを演じられるのはこの上なく幸せです。立体機動装置が重く体力を奪われますが【進撃の巨人】を撮影してるんだと客観視する度にやる気が漲ります。最後まで自分を奮い立たせて戦い抜いていきます!

松尾諭のコメント

これまでの人生で巨人とは戦った事はありませんが、巨人と戦う事がいかに大変かということがよくわかる、とてもハードな現場です。正直何度か心が折れそうになりましたが、もし巨人がいて、大切な家族や友人がその危機に晒されているとしたら…と考えながら、太いカラダにムチ打って撮影に臨んでいます。

ピエール瀧のコメント

「瀧さん。『進撃の巨人』の映画の出演オファーがきています。」と担当マネージャーから伝えられたとき、「そうか、巨人役だろうな。やっぱり」と直感的に思ったんですが、なんと巨人役ではありませんでした。意外。原作とはひと味違ったストーリー展開は、きっと新たな楽しみ方を皆さんにもたらしてくれるはずです。とにかくデカいモノが大好きな樋口監督ですから、巨人の恐ろしさの表現に関してはこだわりがハンパないようです。キャスト全員ハードな撮影にヘコみながら切磋琢磨しております。劇場でお会いしましょう!

國村隼のコメント

久しぶりの樋口監督との現場ですが、いつもと同じ高いテンションと、いつもにも増した緻密さに圧倒されて「進撃の樋口組」についていくのが大変です(笑)。そうしてこの映画の持つメッセージはなにか?と、ダークでファンタジックな世界に引き込まれていきながら、たまには〔人間〕について考えてみるのも良いんじゃないかな? そんな事も考えつつ現場に立とうと思います。

樋口真嗣監督のコメント

これ以上はない、最高のキャスティングが完成しました。原作同様に登場人物たちを肉体的にも精神的にも追いこんでいく過酷な現場ですが、みんなで励ましあいながら心臓を捧げつつチームワークで眼の前に立ちはだかる巨人や壁という限界に挑戦しています。スタッフもキャストも極限状態、心の支えは原作愛で来年まで走りぬけます!

諫山創のコメント

樋口さん、町山さん、渡辺さんとは何度もお会いして話し合い、脚本作りに参加させていただきました。先日は現場にも伺い、スタッフやキャストの皆さんの熱い想いに触れ、より一層この映画が楽しみになってきています。皆さんにもご覧いただけたら、とても嬉しいです。

作品情報

『進撃の巨人』

2015年公開予定
監督:樋口真嗣
脚本:渡辺雄介、町山智浩
原作:諫山創(講談社)
出演:
三浦春馬
長谷川博己
水原希子
本郷奏多
三浦貴大
桜庭ななみ
松尾諭
石原さとみ
ピエール瀧
國村隼
配給:東宝

長谷川博己
長谷川博己
水原希子
水原希子
本郷奏多
本郷奏多
ピエール瀧
ピエール瀧
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年