ニュース

UQiYO初の全国流通盤『UQiYO』、浮遊感あるエレクトロニカ奏でるスリーピース

UQiYOのアルバム『UQiYO』の全国流通盤が、8月20日にリリースされる。

2010年にYuqi(Vo,Gt,Pf,etc)とPhantao(Key)によって結成され、今年からSatoshi(Per,Dr)が加入して3人組となったUQiYO。浮遊感のあるエレクトロニカサウンドと温かみのある歌声が特徴の彼らは、「音楽を、音以上の体験として提供したい」という思いから、ライブハウスだけでなく、映画館、図書館、ユースホステル、コワーキングスペースなどの空間でライブ活動を展開しているほか、企業CMなどへの楽曲提供も行っている。

『UQiYO』は、昨年5月にリリースされた1stアルバムの全国流通盤。同バンドにとって初の全国流通作品となる同作には、デザインスタジオ「TWOTONE」の協力により制作されたPVでも話題を集めた“At the Starcamp”を含む全14曲が収録されている。なお、先着購入者特典として、音源のダウンロードコード付きの「CD風」円盤型カードが付属。対象店舗によってダウンロードできる楽曲が異なるので、詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

リリース情報

UQiYO
『UQiYO』(CD)

2014年8月20日(水)発売
価格:2,160円(税込)
UQiYO / UQiYO001

1. Intro
2. 5 Years In
3. At the Starcamp
4. Cozmo
5. Elephant's Tail
6. Tokyo, the Cay
7. My Dirty Glasses
8. Away We Go
9. Kyoto, the Valley
10. Bodo
11. Picnic
12. Gone
13. I Talk Too Much
14. New Year

amazonで購入する

UQiYO『UQiYO』ジャケット
UQiYO『UQiYO』ジャケット
UQiYO
UQiYO
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー