再評価される「盆踊り」の新感覚ガイド本『盆おどる本』、大友良英が推薦コメント

新感覚の「盆踊り」入門ガイドブック『盆おどる本 ―盆踊りをはじめよう!』が刊行された。

日本の夏の風物詩として身近に存在している盆踊り。「新生盆踊り」をテーマに据えた大友良英のミニアルバム『ええじゃないか音頭』が7月にリリースされたほか、『FUJI ROCK FESTIVAL '14』でも行われた『フェスティバルFUKUSHIMA!』の盆踊りや、コンドルズの近藤良平が創作した『にゅ~盆踊り2014』が8月10日に東京・池袋西口公園で開催されるなど、近年脚光を浴びている。

同書では、入門書やガイドブックがこれまでほとんど刊行されてこなかった盆踊りをわかりやすく紹介。盆踊りを踊ってみたい人や、より深く知りたい人を対象に、参加するために知っておきたい項目を解説する記事や、チャンキー松本による漫画『盆おどる』などが掲載される。また、全国の盆踊りや盆踊り唄を紹介する記事も掲載されるなど、盆踊りについての素朴な疑問に答える内容になっている。また、帯には大友良英による推薦コメントが掲載されている。

大友良英のコメント

突然盆踊りにはまった新参者の大友良英です。こんな本を心待ちしてました。ヤバイです。ページをめくるたんびにウキウキします。一生お盆が続けって思っちゃいます。盆踊りの輪に入るのに抵抗ある人でも大丈夫。オレも盆踊り苦手でした。今でも微妙です。でも微妙なまんまはまっちゃいました。そんな人の気持もちゃんと汲んでくれた素敵な本です。

書籍情報

『盆おどる本 ―盆踊りをはじめよう!』

2014年7月発売
著者:盆踊ろう会
価格:1,728円(税込)
発行:青幻舎

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 再評価される「盆踊り」の新感覚ガイド本『盆おどる本』、大友良英が推薦コメント

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて