『小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展』開催、絵や小道具などを展示

『小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展』が、9月19日から東京・表参道のスパイラルガーデンで開催される。

1996年に片桐仁と共に結成したコントグループ「ラーメンズ」や、演劇プロジェクト「K.K.P」、ソロパフォーマンス「Potsunen」などの活動で知られる劇作家・パフォーミングアーティストの小林賢太郎。小林の作りだす舞台作品は、機知に富んだ言葉や動きに加え、緻密な仕掛けを持つ美術でも人気を博している。

同展では、小林がこれまでに発表してきたコントや演劇作品のために自ら手掛けた絵やセットデザイン、小道具などが展示される。さらに会場には、小林がデザインした「楽屋」が登場。「楽屋」では、実際に舞台で使用された衣装などが展示され、舞台が作られる過程を見学できるような作りになるという。

イベント情報

『小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展』

2014年9月19日(金)~10月5日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 『小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展』開催、絵や小道具などを展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて