『星の王子さま』初のアニメ映画が日本公開、製作陣にはハリウッドのスタッフが集結

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説『星の王子さま』を原作にしたアニメーション映画が2015年冬に公開。邦題が『リトルプリンス 星の王子さまと私』になることがわかった。

1943年にアメリカで初めて出版され、その後は世界各地で翻訳出版されている『星の王子さま』。これまでにアニメ、ミュージカル映画、舞台など様々な形で親しまれてきた同作だが、アニメーション映画化されるのは今回が初めてとのこと。監督は、CGアニメーション映画『カンフー・パンダ』などの作品で知られるマーク・オズボーンが務める。

オズボーンは同作について、「このプロジェクトについて初めて打診されたとき、僕は興奮したと同時に心配になった。あれほどまでに詩的な名作を、損なうことなくどうやって映画化できる?あのストーリーの長編アニメ映画化なんて、不可能なことに思えたんだ。でも最終的に気づいた。これは一生に一度のチャンスだとね。そして、このチャンスはとても拒むことができない贈り物だった。僕はじっくり考えた結果、映画化するうえでの鍵は、その本を巡って展開される、より壮大なストーリー......原作の世界観を忠実に描きつつ、そこを核にして大きく展開されるストーリーを描くことだと気づいた」とコメントしている。

さらに、キャラクターデザイン、美術、アニメーション監修、アートディレクションなどを手掛ける製作陣には、『アイス・エイジ』『ファインディング・ニモ』『カールじいさんの空飛ぶ家』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』などのスタッフが集結。制作プロダクションは、フランスのオニキススタジオとなる。

英語版の声優陣には、ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・フランコ、マリオン・コティヤール、ベニチオ・デル・トロらが名を連ねている。日本語版の声優はキャスティング中とのこと。

作品情報

『リトルプリンス 星の王子さまと私』

2015年冬公開予定

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『星の王子さま』初のアニメ映画が日本公開、製作陣にはハリウッドのスタッフが集結

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて