特集 PR

『星の王子さま』が大人に及ぼす情緒不安定を谷口菜津子が語る

『星の王子さま』が大人に及ぼす情緒不安定を谷口菜津子が語る

『リトルプリンス 星の王子さまと私』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也

不朽の名作『星の王子さま』を描いたアニメ映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』が、いよいよ日本公開される。なんと、著者サン=テグジュペリの権利管理者から正式に認可された『星の王子さま』の「その後」を描く物語だ。『カンフー・パンダ』などで知られる監督マーク・オズボーンが、原作のイメージを活かしたストップモーションアニメと臨場感溢れるCGアニメという2つの異なる手法を織り交ぜながら描き出す、『星の王子さま』と「その後の世界」とは、果たしてどんなものなのだろうか。そして、原作の愛好家たちは、そんな本作に対して、どのような反応を示すのだろうか。擬人化した「レバ刺し」との恋愛を描いた異色の漫画『レバ刺しとわたし』(『わたしは全然不幸じゃありませんからね!』収録)で注目を集め、最新単行本『人生山あり谷口』が現在好評価を獲得している気鋭の漫画家・イラストレーター、谷口菜津子に聞いた。

※本記事は『リトルプリンス 星の王子さまと私』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

『星の王子さま』は、「解釈しよう」と思いながら読んだほうが面白い。

―谷口さんが初めて『星の王子さま』を読んだのは、いつ頃のことですか?

谷口:小学生の頃ですね。母が大好きだったので、家族みんなで読んでいたんです。

谷口菜津子
谷口菜津子

―『星の王子さま』のどこに惹かれたのでしょう?

谷口:いちばん印象的だったのは、最初のウワバミ(ボア)の話ですね。帽子の絵かと思ったら、実はゾウを飲みこんだウワバミだったっていう。私、これのぬいぐるみを持ってるんですよ。ウワバミの中にゾウが入ってるぬいぐるみ(笑)。

―すごい(笑)。このお話自体は、当時どんなふうに捉えていたのですか?

谷口:最初は絵本みたいな感じで面白いなって。王子がいろんな星を渡り歩いて行く描写に、冒険的なワクワク感を覚えていたんだと思います。そこで出会う「王様」のことは「なんか偉そうなやつだな」としか思ってなかったし、「うぬぼれ男」も「ひょうきんなやつだな」くらいの感想しか持っていませんでした。子どもの頃は、バラの話やキツネの話も、あんまりピンと来なかったし、むしろバラとか嫌いでしたね。「なんてわがままなやつなんだ!」って(笑)。

―(笑)。

谷口:思い返すと、子どもの頃はやっぱり、物語のことは理解できていなかった。最後に王子さまがどこかに行っちゃうのも嫌でした。今回の映画の主人公の女の子と同じで、最初は「え、何これ?」みたいな感じで戸惑ったんです。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』 ©2015 LPPTV – LITTLE PRINCESS – ON ENT – ORANGE STUDIO - M6 FILMS – LUCKY RED

『リトルプリンス 星の王子さまと私』 ©2015 LPPTV – LITTLE PRINCESS – ON ENT – ORANGE STUDIO - M6 FILMS – LUCKY RED
『リトルプリンス 星の王子さまと私』 ©2015 LPPTV – LITTLE PRINCESS – ON ENT – ORANGE STUDIO - M6 FILMS – LUCKY RED

―そこから読み方が変わっていった?

谷口:そうですね。高校生ぐらいになってから、この本に出てくるキャラクターたちが、みんな何かを隠喩していることに気づき始めました。たとえばさっき言った「王様」や「うぬぼれ男」って、大人の嫌な部分や悲しい部分を隠喩しているキャラクターじゃないですか。それでだんだん「私にもこういうところがあるかも」と自分を重ね合わせていったりして。

―そういう意味では、大人向けの作品だとも言えますよね。

谷口:王子のキャラクターも、ちょっとポエム調だったりするから、昔は「なんかしゃらくさいな」と思ってたんですけど(笑)、大人になってから読むと、すごく愛おしい存在に見えてくる。私の場合、さっき言ったみたいに、母が『星の王子さま』のことを大好きだったので、何かがずっと心に沁みついていて、ふとしたときにそれが出てくるんです。あるときまで物語の隠喩として存在していたものが、フッと自分ごととして実感できる瞬間があるというか。

谷口菜津子

―自分自身の成長と一緒に、わかる部分が増えてくる?

谷口:そうなんですよね。だからこの作品は「解釈しよう」と思いながら読んだほうが、きっと面白いですよね。特に大人になってからは。そのときの自分の状況によって引っ掛かる部分が違うし、今回映画を見て、前に進むヒントみたいなものが見つかった気がしているんです。

Page 1
次へ

作品情報

『リトルプリンス 星の王子さまと私』

2015年11月21日(土)から全国公開
監督:マーク・オズボーン
音楽:ハンス・ジマー
日本語吹替え版 声の出演:
鈴木梨央
瀬戸朝香
伊勢谷友介
滝川クリステル
竹野内豊
池田優斗
ビビる大木
津川雅彦
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

書籍情報

『人生山あり谷口』
『人生山あり谷口』

2015年10月9日(金)発売
著者:谷口菜津子
価格:1,080円(税込)
出版社: リイド社

『わたしは全然不幸じゃありませんからね!』
『わたしは全然不幸じゃありませんからね!』

2013年6月27日(木)発売
著者:谷口菜津子
価格:1,080円(税込)
出版社: エンターブレイン

プロフィール

谷口菜津子(たにぐち なつこ)

1988年7月7日生まれ。神奈川県出身。漫画家。Web、情報誌、コミック誌等で活動。『わたしは全然不幸じゃありませんからね!』(エンターブレイン刊)、『さよなら、レバ刺し~禁止までの438日間~』(竹書房刊)、最新刊『人生山あり谷口』発売中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで