ニュース

ツァイ・ミンリャン監督の引退作『郊遊』、しりあがり寿の描き下ろしイラストも公開

ツァイ・ミンリャン監督の新作映画『郊遊<ピクニック>』が、9月6日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラム、大阪・シネ・リーブル梅田ほか全国で順次公開される。

1994年の『愛情萬歳』で『ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞を受賞したほか、1997年の『河』で『ベルリン国際映画祭』審査員グランプリ、1998年の『Hole-洞』で『カンヌ国際映画祭』国際映画批評家連盟賞を獲得するなど、台湾を代表する映画監督の一人であるミンリャン監督。

『ヴェネチア国際映画祭』審査員大賞に輝いた同作は、台北で漂流生活を送る親子の姿を描いた作品。広告の看板を掲げて路上に立ち続ける「人間立て看板」で収入を得ている父が胸に抱くある決意と、スーパーマーケットの試食コーナーをうろつく貧しい暮らしでありながら、ピクニックで遊ぶように生きる子どもたちの物語が綴られる。

なお、同作のオフィシャルサイトでは奈良美智、アピチャッポン・ウィーラセタクン、片桐はいり、ホンマタカシ、森栄喜らのコメントが掲載。さらに、しりあがり寿が同作にインスパイアされて描き下ろしたというイラストも公開されている。

作品情報

『郊遊<ピクニック>』

2014年9月6日(土)からシアター・イメージフォーラム、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開
監督:ツァイ・ミンリャン
出演:
リー・カンション
ヤン・クイメイ
ルー・イーチン
チェン・シャンチー
配給:ムヴィオラ

『郊遊<ピクニック>』 ©2013 Homegreen Films & JBA Production
『郊遊<ピクニック>』 ©2013 Homegreen Films & JBA Production
しりあがり寿によるイラストを用いた郊遊<ピクニック>』チラシビジュアル ©2013 Homegreen Films & JBA Production
しりあがり寿によるイラストを用いた郊遊<ピクニック>』チラシビジュアル ©2013 Homegreen Films & JBA Production
しりあがり寿によるイラスト
しりあがり寿によるイラスト
しりあがり寿によるイラスト
しりあがり寿によるイラスト
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年