ニュース

『没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭』開催、初期作から遺作まで全23本上映

フランソワ・トリュフォー監督による23作品を上映する『没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭』が、10月11日から東京・角川シネマ有楽町で開催される。

1932年にパリで生まれたトリュフォーは、映画評論誌『カイエ・デュ・シネマ』などに映画批評を寄稿して頭角を現したのち、1958年に短編映画『あこがれ』で本格的に映画監督デビュー。1959年には長編デビュー作品『大人は判ってくれない』を発表し、ジャン=リュック・ゴダールらと共にヌーヴェルヴァーグ運動の中心的な役割を果たした。

トリュフォーの命日である10月21日を含む3週間にわたって開催される同イベントでは、『あこがれ』から1983年の遺作『日曜日が待ち遠しい!』まで、自主制作および共同監督作品を除く全23本の監督作品を上映。また、初日となる10月11日には、『大人は判ってくれない』で主演を務めたほか、数々のトリュフォー作品に出演してきたジャン=ピエール・レオーによる舞台挨拶も予定されている。プログラムやチケットなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭』

2014年10月11日(土)~10月31日(金)
会場:東京都 角川シネマ有楽町
上映作品:
『あこがれ』
『大人は判ってくれない』
『ピアニストを撃て』
『突然炎のごとく』
『アントワーヌとコレット<二十歳の恋より>』
『柔らかい肌』
『華氏451』
『黒衣の花嫁』
『夜霧の恋人たち』
『暗くなるまでこの恋を』
『野性の少年』
『家庭』
『恋のエチュード』
『私のように美しい娘』
『アメリカの夜』
『アデルの恋の物語』
『トリュフォーの思春期』
『恋愛日記』
『緑色の部屋』
『逃げ去る恋』
『終電車』
『隣の女』
『日曜日が待ち遠しい!』
料金:
前売 1回券1,400円 2回券2,600円 フリーパス(限定100枚)15,000円
当日 一般1,800円 大学生・高校生1,500円 中学生・小学生1,000円 シニア(60歳以上)1,100円

『大人は判ってくれない』 ©1959 LES FILMS DU CARROSSE
『大人は判ってくれない』 ©1959 LES FILMS DU CARROSSE
『突然炎のごとく』 ©1961 LES FILMS DU CARROSSE
『突然炎のごとく』 ©1961 LES FILMS DU CARROSSE
『柔らかい肌』 ©1964 LES FILMS DU CARROSSE
『柔らかい肌』 ©1964 LES FILMS DU CARROSSE
『華氏451』 © 1966 Vineyard Films, Ltd. All Rights Reserved.
『華氏451』 © 1966 Vineyard Films, Ltd. All Rights Reserved.
『私のように美しい娘』 ©1972 LES FILMS DU CARROSSE
『私のように美しい娘』 ©1972 LES FILMS DU CARROSSE
『トリュフォーの思春期』 ©Hélène-Jeanbreau
『トリュフォーの思春期』 ©Hélène-Jeanbreau
画像を拡大する(23枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像