総勢13作家による『国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~』、会場は旧製材所

展覧会『国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~』が、9月13日から東京・青梅の国立奥多摩美術館で開催される。

普段は作家のアトリエとして使用されている旧製材所でもある国立奥多摩美術館。2012年の『国立奥多摩美術館 開館記念展示 ―青梅ゆかりの名宝展―』以来、2回目の展示となる今回は、『ヨコハマトリエンナーレ2014』にも出展中の和田昌宏、昨年に国立科学博物館で展覧会を行った関野吉晴、印象的な眼を描くアーティストColliu、昨年に初の写真集『UNBROKEN ROOM』を発表した赤石隆明ら13作家が出展する。

会期中となる10月12日にはMARKによるライブが行われるほか、トークイベント、パフォーマンス、ワークショップなど様々なイベントが開催される。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~』

2014年9月13日(土)~10月13日(月・祝)※開館は9月13日、14日、15日、20日、21日、27日、28日、10月4日、5日、6日、11日、12日、13日のみ
会場:東京都 青梅 国立奥多摩美術館
時間:12:00~20:00(入館は19:30まで)
参加作家:
赤石隆明
牛島達治
小鷹拓郎
こようちひろ
Colliu
関野吉晴
武田龍
永畑智大
二十二会
松尾勘太
山本篤
和田昌宏
料金:500円(会期中は何度でも入場可能)

  • HOME
  • Art,Design
  • 総勢13作家による『国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~』、会場は旧製材所

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて