ニュース

ロシア・アヴァンギャルドのポスター展にマレーヴィチ、ロトチェンコらの作品約180点

『松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』展が、9月30日から東京・用賀の世田谷美術館で開催される。

1900年代初頭から、第一次世界大戦やロシア革命といった政治的・社会的変動を背景に、同時代の西欧で展開されていた前衛芸術の可能性を追究すべく興った芸術運動ロシア・アヴァンギャルド。経済政策の転換によって芸術に求められる社会的な役割が変化する中、視覚表現における実験を続け、映画のポスターや政治ポスターなどを中心に数多くの作品を残し、後のグラフィックデザインに大きな影響を与えた。

同展では、ファッションブランド「BA-TSU」の創業者で、2012年に逝去したデザイナー松本瑠樹のコレクションから、ロシア・アヴァンギャルドのアーティストによるポスター作品を紹介。ワシーリー・カンディンスキーが手掛けたアーティスト集団「ファーランクス」の展覧会ポスターや、カジミール・マレーヴィチによる民衆版画をはじめとするロシア帝政期の作品をはじめ、詩人ウラジーミル・マヤコフスキーが携わり、ロシア革命成立後に壁新聞の役割を担った『ロスタの窓』、アレクサンドル・ロトチェンコ、ウラジーミルとゲオールギーのステンベルク兄弟といったロシア構成主義のアーティストたちによる映画ポスター、グスタフ・クルーツィス、ワレンチーナ・クラーギナらによる第一次五カ年計画以降のプロパガンダポスターなど、20世紀初頭から1930年代前半までのポスター約180点が展示される。

『松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』招待券をプレゼント

『松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2014年9月23日)

イベント情報

『松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』

2014年9月30日(火)~11月24日(月・振休)
会場:東京都 用賀 世田谷美術館 1階展示室
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(ただし10月13日、11月3日、11月24日は開館、10月14日、11月4日は休館)
料金:一般1,000円 65歳以上・大高生800円 小中学生500円

グスタフ・クルーツィス『男女の労働者よ、皆ソヴィエトの改選へ』 1930年、リトグラフ・紙、119.4×85.2cm、Ruki Matsumoto Collection Board
グスタフ・クルーツィス『男女の労働者よ、皆ソヴィエトの改選へ』 1930年、リトグラフ・紙、119.4×85.2cm、Ruki Matsumoto Collection Board
ワシーリー・カンディンスキー『ファーランクス第一回展覧会』 1901年、リトグラフ・紙、50.1×66.8cm、Ruki Matsumoto Collection Board
ワシーリー・カンディンスキー『ファーランクス第一回展覧会』 1901年、リトグラフ・紙、50.1×66.8cm、Ruki Matsumoto Collection Board
ウラジーミル・マヤコフスキー『政治教育総局No.17「労働組合活動週間 労働組合を強化せよ!』 1921年、ステンシル・紙、51.5×39.0cm、Ruki Matsumoto Collection Board
ウラジーミル・マヤコフスキー『政治教育総局No.17「労働組合活動週間 労働組合を強化せよ!』 1921年、ステンシル・紙、51.5×39.0cm、Ruki Matsumoto Collection Board
アレクサンドル・ロトチェンコ『戦艦ポチョムキン』 1925/1926年、リトグラフ・紙、73.0×103.0cm、Ruki Matsumoto Collection Board
アレクサンドル・ロトチェンコ『戦艦ポチョムキン』 1925/1926年、リトグラフ・紙、73.0×103.0cm、Ruki Matsumoto Collection Board
グリゴーリー・ボリーソフ、ニコライ・プルサコーフ『法と義務/アモック』 1928年、リトグラフ・紙、136.4×95.cm、Ruki Matsumoto Collection Board
グリゴーリー・ボリーソフ、ニコライ・プルサコーフ『法と義務/アモック』 1928年、リトグラフ・紙、136.4×95.cm、Ruki Matsumoto Collection Board
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル