21世紀以降のジャズを紹介する書籍第2弾にロバート・グラスパー、Flying Lotusら

21世紀以降のジャズを紹介するムック本の第2弾『Jazz The New Chapter 2』が、本日9月8日に刊行された。

今年2月に刊行された『Jazz The New Chapter ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平』に続く同書では、世界で最も注目を集めるジャズピアニストの1人とも言われるロバート・グラスパーのインタビューをはじめ、ジョン・コルトレーンを叔父に持つFlying Lotusのインタビューと、Thundercatとの対談、EMレコードの創設者であるマンフレート・アイヒャーのインタビュー、ジェフ・パーカー(TORTOISE)やロブ・マズレク(Isotope 217、Chicago Underground)のインタビューからシカゴ音響派に迫る記事、ネルス・クラインと吉田ヨウヘイgroupの対談など、様々な角度から21世紀のジャズを浮き彫りにしていく。

なお、同書についてFlying Lotusは、「最近のジャズははっきり言って退屈だ。ただし!この本に載ってる連中は別さ!」とコメントを寄せている。

また、同書の刊行を記念する番組『「Jazz The New Chapter 2」発売記念SPECIAL!! ~ジャズ新世代の躍動』が、本日9月8日19:00からDOMMUNEで放送。番組には柳樂光隆、吉田ヨウヘイ、大谷能生、司会の小熊俊哉(『CROSSBEAT』編集部)が出演する。さらに21:00からは『菊地成孔と大谷能生のJAZZDOMMUNE♯16』も放送される。

書籍情報

『Jazz The New Chapter 2』

2014年9月8日(月)発売
価格:1,836円(税込)
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント

amazonで購入する

詳細情報

『「Jazz The New Chapter 2」発売記念SPECIAL!! ~ジャズ新世代の躍動』

2014年9月8日(月)19:00からDOMMUNEで放送
出演:
柳樂光隆
吉田ヨウヘイ(吉田ヨウヘイgroup)
大谷能生
司会:小熊俊哉(『CROSSBEAT』編集部)

  • HOME
  • Book
  • 21世紀以降のジャズを紹介する書籍第2弾にロバート・グラスパー、Flying Lotusら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて