江本純子演出のシェイクスピア劇『じゃじゃ馬ならし』に鳥居みゆき、柄本時生ら

江本純子演出の舞台『じゃじゃ馬ならし』が、11月20日から東京・池袋のあうるすぽっとで上演される。

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』の一環で、江本が主宰する劇団「毛皮族」とあうるすぽっとの共同プロデュースにより上演される同作。同劇場からオファー受けた江本は、「女性蔑視」「男女差別」との評価もあるウィリアム・シェイクスピアの『じゃじゃ馬ならし』をあえて選び、欲望の渦巻く喜劇をより猥雑かつ祝祭的に演出するという。

物語は、イタリア・パデュアの資産家バプティスタの娘で、気性の荒い乱暴者のキャタリーナと、しとやかで美しい妹・ビアンカの関係性を軸に展開。金持ちの娘との結婚を望み、キャタリーナを従順な妻に躾けるための「じゃじゃ馬ならし」にとりかかる紳士ペトルーチオとキャタリーナの激しい駆け引きや、ビアンカの3人の求婚者が企む策略を描く。

出演者には、毛皮族所属の柿丸美智恵、羽鳥名美子、高田郁恵、高野ゆらこに加え、鳥居みゆき、柄本時生、寺十吾、市川しんぺー、玉置孝匡、佐藤永典、佐久間麻由ら、江本が自ら指名した俳優陣をキャスティング。鳥居はキャタリーナ、柄本はペトルーチオを演じる。チケットの発売は、10月4日からスタート。

イベント情報

『じゃじゃ馬ならし』

2014年11月20日(木)~11月24日(月・振)全7公演
原作:ウィリアム・シェイクスピア
脚色・演出:江本純子
訳:松岡和子
出演:
鳥居みゆき
柄本時生
柿丸美智恵
市川しんぺー
佐久間麻由
佐藤永典
寺十吾
羽鳥名美子
髙田郁恵
金子清文
高野ゆらこ
玉置孝匡
鈴木晋介
江本純子
料金:一般3,500円 学生2,500円 豊島区民割引3,000円 障がい者割引2,000円

  • HOME
  • Stage
  • 江本純子演出のシェイクスピア劇『じゃじゃ馬ならし』に鳥居みゆき、柄本時生ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて