ニュース

秋田の芸術祭『里に犬、山に熊』、DOMMUNEのトンネルライブや平田オリザの演劇列車も

『大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」』が、10月4日から秋田・大館市、北秋田市の各所で開催される。

五感で北秋田地域を感じることのできる芸術祭として初開催される同イベント。忠犬ハチ公の故郷である大館とマタギ文化発祥の地とされる北秋田を舞台に、土地が持つ要素とアーティストとのコラボレーションにより、地域の景色の中に新たな物語を作り上げることを目指す。

オープニングを飾るのは、独特の音響効果を持つ根子トンネルで開催される『根子フェス2014+DOMMUNE』。同イベントではDOMMUNEの宇川直宏がキュレーションと配信を手掛け、七尾旅人、真鍋大度、KENTARO!!といったアーティストがライブパフォーマンスを繰り広げる。さらに、秋田内陸縦貫鉄道の車内を劇場に、平田オリザが内田百閒の『阿房列車』を戯曲化する『演劇列車「秋田内陸阿房列車」』も開催。

また、各プログラムの参加アーティストには、アサノコウタ、池田晶紀、石川直樹、遠藤一郎、折元立身、鴻池朋子、佐藤直樹、鈴木理策、都築響一、パトリシア・ピッチニーニ、日比野克彦らが名を連ねている。プログラムの詳細についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」』

2014年10月4日(土)~11月3日(月・祝)
会場:秋田県 大館市、北秋田市内各所

オープニングプロジェクト
『根子フェス2014+DOMMUNE』

2014年10月4日(土)OPEN 14:15 / START 14:45
会場:秋田県 阿仁根子集落
キュレーション・配信:宇川直宏(DOMMUNE)
出演:
七尾旅人
ハチスノイト
柊アリス
真鍋大度
安野太郎
KENTARO!!
料金:一般5,000円 前売・高校生以下・障がい者4,500円
※チケットは200枚限定
※未就学児童入場不可

『大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」』ロゴ
『大館・北秋田芸術祭2014「里に犬、山に熊。」』ロゴ
根子トンネル
根子トンネル
『銀牙-流れ星 銀-』©高橋よしひろ
『銀牙-流れ星 銀-』©高橋よしひろ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー