『劇場版 BiSキャノンボール2014』2月公開、カンパニー松尾らがBiS解散ライブに密着

カンパニー松尾監督の映画『劇場版 BiSキャノンボール2014』が、2015年2月から東京・テアトル新宿で公開される。

7月8日に神奈川・横浜アリーナでの公演をもって解散したBiS。同作は9月27日にスペースシャワーTVで放送された同ライブの裏側を追ったドキュメンタリー番組『BiS大陸 -BiSなりの解散ドキュメンタリー』の撮影の裏で、メンバーには内密に制作されていたドキュメンタリー映画となる。

撮影を行ったのは、AV監督たちが日本各地をレースしながら、ものにした女性の数を競うドキュメンタリー映画『テレクラキャノンボール2013』のチーム。番組では、自分たちがAV監督であることを明かした上で「密着ドキュメンタリーを作るために集まったチーム」としてメンバーに密着する様子が放送された。『BiS大陸』が映画撮影のためのダミー番組であったことは同番組内で初めて公開され、カンパニー松尾監督が「監督陣はスピードと内容を競いました」と話す映画の全貌は、元メンバーたちも把握していないという。

カンパニー松尾監督のコメント

『劇場版 テレクラキャノンボール2013』がヒットして調子に乗って、BiS解散ドキュメントのオファーを受けちゃいました。通常、この手の解散ものは、あくまでBiS主体ですが、BiSの波瀾万丈の活動をうまくまとめるのは面白くありません。 ちょうどBiSメンバーが6人、キャノンメンバーも6人だったこともあり、解散ライブの前後3日間にメンバーそれぞれに監督を付け、密着撮影しました。彼女達には「情熱的な解散ドキュメント番組」とだけ説明し、監督陣はスピードと内容を競いました。 アイドルvsAV監督。 彼女達にとっての晴れ舞台に、普段ハメ撮りばかりしてるAV監督がくっつくわけです。 うまくいくはずがありません。結局、せっかくの解散ライブに水を差し、周辺スタッフに迷惑をかけ、あげくに60分では収まり切らず、劇場版まで作るハメになりました。 彼女達も怒ってると思います。また元研究員の皆さんもご心配かと思います。 その運命の審判は来年2015年2月までお待ちください。魂込めて作ります。 アイドル史上最もヘンテコな解散ドキュメント完結編『劇場版 BiSキャノンボール2014』まだこれから編集するんですけど。

作品情報

『劇場版 BiSキャノンボール2014』

2015年2月からテアトル新宿で2週間限定レイトショー
監督:カンパニー松尾
出演:
プー・ルイ
コショージメグミ
ヒラノノゾミ
テンテンコ
ファーストサマーウイカ
カミヤサキ
カンパニー松尾
バクシーシ山下
ビーバップみのる
タートル今田
梁井一
嵐山みちる

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『劇場版 BiSキャノンボール2014』2月公開、カンパニー松尾らがBiS解散ライブに密着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて