ニュース

路面電車も舞台の『BEATRAM MUSIC FES』全40組超出揃う、タイムテーブルも判明

10月11日と12日に富山・富山城址公園芝生広場特設ステージと富山市内環状線の路面電車内で開催される野外音楽イベント『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2014』の最終出演者とタイムテーブルが発表された。

富山市の中心市街地を走る路面電車をシンボルに掲げて開催される同イベント。今回出演が明らかになったアーティストは、10月11日に出演するTurntable Films、10月12日に出演するNONA REEVES、スネオヘアー、Morning Erectionsの4組となる。これまでの発表とあわせて40組超の出演者が出揃った。また、初日のメインステージ最終出演者は田島貴男、2日目の同ステージ最終出演者は土岐麻子になることも明らかになった。

なお、現在富山の地上波3局やケーブルテレビなどで放送されている同イベントのCMには、カジヒデキの最新アルバム『ICE CREAM MAN』に収録されている“灼熱少女”と、南壽あさ子が書き下ろした新曲“ビートラム”の2曲を使用。“ビートラム”はイベントのテーマソングにもなっており、イベント当日の南壽のステージで同曲のレコーディングメンバーである森信行(Dr / ex.くるり)、ジョンB(Ba / ウルフルズ)、中森泰弘(Gt / HICKSVILLE)、真城めぐみ(Cho / HICKSVILLE)と共に披露される予定だ。

イベント情報

『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2014』

2014年10月11日(土)、10月12日(日)10:00~21:00
会場:富山県 富山城址公園 芝生広場 特設ステージ、富山市内環状線 路面電車内 トラムステージ
10月11日出演:
[メインステージ]

HICKSVILLE
ASPARAGUS
LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS
FRONTIER BACKYARD
THE MICETEETH
田島貴男
[プラタナスステージ]
栗コーダーカルテット3/4with ビューティフルハミングバード
KONCOS
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
曽我部恵一
カジヒデキ
ビューティフルハミングバード with 栗コーダーカルテット3/4
[フロントステージ]
富大フィル Quintet
Turntable Films
fula
OLDE WORLDE
ゲントウキ
つしまみれ
HAPPY
南壽あさ子(ビートラムスペシャルバンド)
[トラムステージ]
sugar me
HARCO
田渕ひさ子
ジョンB&ザ・ドーナッツ!
おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
10月12日出演:
[メインステージ]

The SALOVERS
勝手にしやがれ
SUPER BEAVER
GRAPEVINE
Polaris
土岐麻子
[プラタナスステージ]
キムウリョン
長谷川健一
Lamp
NONA REEVES
ホフディラン
[フロントステージ]
Morning Erections
POLTA
ルルルルズ
noid
Rei
ボールズ
THE TON-UP MORTORS
SEBASTIAN X
[トラムステージ]
南壽あさ子
カジヒデキ
スネオヘアー
LOW IQ 01
HUSKING BEE(ACOUSTIC SET)
料金:
一般 1日券6,500円 2日間通し券10,000円
中高・大学生 1日券4,500円 2日間通し券8,000円

イベント情報

中夜祭
『よふかしビートラム』

2014年10月11日(土)21:00~
会場:富山県 富山 MAIRO
出演:
COMEBACK MY DAUGHTERS
Noshow
and more
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)
※『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2014』チケット・リストバンド提示で入場料1,000円
※高校生以下入場不可

『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2014』ロゴ
『BEATRAM MUSIC FESTIVAL 2014』ロゴ
NONA REEVES
NONA REEVES
Turntable Films
Turntable Films
“ビートラム”レコーディング時の写真 左からジョンB、中森泰弘、森信行、南壽あさ子、真城めぐみ
“ビートラム”レコーディング時の写真 左からジョンB、中森泰弘、森信行、南壽あさ子、真城めぐみ
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察