染谷将太×前田敦子のラブホ群像劇『さよなら歌舞伎町』から新ビジュアル

2015年1月24日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開される映画『さよなら歌舞伎町』から新ビジュアルが公開された。

『さよなら歌舞伎町』は、映画『きいろいゾウ』『100回泣くこと』などで知られる廣木隆一監督と、『共喰い』『海を感じるとき』などの脚本を手掛ける荒井晴彦が、『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』に続いてタッグを組んだ作品。一流のホテルマンだと周囲に偽るラブホテルの店長・徹と、ミュージシャン志望で徹と同棲中の恋人・沙耶のカップルを軸に、5組の男女の人生が徹が勤めるラブホテルで交錯する様子を描く群像劇だ。

主人公の徹役を演じるのは染谷将太。沙耶役を前田敦子が演じるほか、南果歩、松重豊、大森南朋、村上淳、忍成修吾、田口トモロヲや、キム・ギドク監督の新作『メビウス』にも出演しているイ・ウンウらが脇を固める。

今回公開されたビジュアルでは、染谷と前田が自転車に2人乗りする様子や、ホテルのベテラン清掃員役を演じる南、デリヘル嬢に入れこむサラリーマン役を演じる村上の姿などを確認することができる。

作品情報

『さよなら歌舞伎町』

2015年1月24日(土)テアトル新宿ほか全国で公開
監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦、中野太
出演:
染谷将太
前田敦子
イ・ウンウ
大森南朋
松重豊
南果歩
配給:東京テアトル

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 染谷将太×前田敦子のラブホ群像劇『さよなら歌舞伎町』から新ビジュアル

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて