ニュース

嶺豪一監督・主演の青春映画『故郷の詩』、初日トークに銀杏BOYZ・峯田和伸

嶺豪一監督の映画『故郷の詩』が、10月18日から東京・ポレポレ東中野で上映される。

同作は、俳優としても活動する1989年生まれの嶺豪一の初長編監督作。故郷の熊本に恋人を残し、スタントマンを目指して上京した大吉が、熊本出身の学生のための男子寮『有斐学舎』で酒やナンパに明け暮れる大学生活を過ごし、何一つうまくいかないまま迎えた卒業目前に、一世一代のスタントを行うというあらすじだ。同作はこれまでに『第30回そつせい祭』グランプリ、『第34回ぴあフィルムフェスティバル』審査員特別賞、福岡賞など多数の賞を獲得している。

スタントマン志望の主人公を演じるのは嶺監督。撮影は、監督が実際に大学4年間を過ごしたという1881年に設立された実在の学生寮「有斐学舎」で行われた。

劇場公開初日となる10月18日には、嶺監督と、同作について「永遠に語り継がれるべき、最高の青春映画」とコメントしている峯田和伸(銀杏BOYZ)のトークイベントがポレポレ東中野で開催される。

また、10月15日には、監督の出身校である多摩美術大学の上野毛校舎で同作の上映会を開催。監督の出身地である熊本のキャラクター・くまモンが監督と共にトークショーに出演する。同イベントには熊本に縁のある人が無料で参加可能。参加予約は10月14日まで受付中だ。

作品情報

『故郷の詩』

2014年10月18日(土)からポレポレ東中野でレイトショー
監督・脚本:嶺豪一
出演:
嶺豪一
飯田芳
林陽里
岡部ナノカ
後藤ひかり
山本圭介
佐藤悠玄
中村裕太郎
広木健太
森岡龍
伊能賢一郎
斎藤芳廣
菱田明裕
酒川雄樹
前田祐樹
配給:「故郷の詩」上映委員会

『故郷の詩』公開直前上映会
2014年10月15日(水)18:00~
会場:東京都 上野毛 多摩美術大学 上野毛校舎 講堂
出演:
嶺豪一
くまモン
定員:100名
料金:無料(要予約)

『故郷の詩』初日イベント
2014年10月18日(土)21:00の回上映後
会場;東京都 ポレポレ東中野
出演:
嶺豪一
峯田和伸
料金:当日 一般1,400円 大学・専門1,200円 シニア1,000円

『故郷の詩』メインビジュアル ©「故郷の詩」上映委員会
『故郷の詩』メインビジュアル ©「故郷の詩」上映委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今