『ツイン・ピークス』の新シリーズが2016年放送、監督はデヴィッド・リンチ

デヴィッド・リンチとマーク・フロストによるテレビドラマ『ツイン・ピークス』の新シリーズが、2016年にアメリカのテレビ局Showtimeで放送されることがわかった。

『ツイン・ピークス』は、1990年に第1シーズンの放送がスタートし、2シーズンにわたって放送されたほか、1992年には映画化もされた作品。架空の田舎町ツインピークスを舞台に、少女ローラ・パーマーが殺害されたことを発端にした連続殺人を追うFBIの捜査官デイル・クーパーが捜査を進めるうちに、街の様々な暗部が明らかになっていくというあらすじだ。放送当時、アメリカでは高い視聴率を記録し、社会現象にもなった。

1991年の2ndシリーズ終了以来、約25年ぶりとなる新シリーズの放送は、現地時間の10月6日にリンチが自身のTwitter上で明らかにしたもの。ツイートに投稿された告知動画には、殺害されたローラ・パーマーの姿や、「WELCOME TO TWIN PEAKS」と書かれた看板などが映し出されている。新シリーズは全9話で構成され、リンチとフロストが全話の脚本とプロデュースを担当。リンチが監督を務める。オリジナルシリーズを継承しながら現代に舞台を移し、「ファンたちが待ち望んでいた答えと、満足のいく結論」を示す内容になるという。日本での放送時期は未定。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ツイン・ピークス』の新シリーズが2016年放送、監督はデヴィッド・リンチ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて