ニュース

『YEBISU MUSIC WEEKEND』にトーク5本追加、後藤正文×和合亮一、tofubeatsら

11月1日から3日間にわたって東京・恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンホール、ザ・ガーデンルーム、STUDIO38で開催される音楽イベント『YEBISU MUSIC WEEKEND』の追加出演者が発表された。

アーティストによるライブに加え、マネージメントや著作権、最新の音楽サービスなどに関するトークやプレゼンテーションも行われる同イベント。3日間で50以上のプログラムが展開される。

今回発表されたのは、5つのトークプログラムと1組のライブ出演者。11月1日に開催されるトーク『音楽でできた人生をあゆむということ』には麻田浩(Tom's Cabin代表、SXSW Asia代表)、音楽評論家の北中正和が出演するほか、2日に開催される『THE FUTURE TIMES presents「今、どういった詩が必要とされているのか」』には後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、詩人の和合亮一、『音楽を届ける新しいチームづくり ~THE NOVEMBERSのマーケティングのすべて~』には小林祐介(THE NOVEMBERS、MERZ代表)、高野修平(株式会社トライバルメディアハウス シニアプランナー、サブマネージャー)、音楽ブロガーのジェイ・コウガミ、『2.5D SESSION -音楽業界の商品とは-』に出演する石井龍(株式会社ニーテンゴディー プロジェクトマネージャー)、MMMatsumoto(『MARQUEE』編集長)、武瑠(SuG)ら、3日に開催される『tofubeatsと音楽ライター/ブロガーが語る、ディグ術と隠れたJ-POPの名盤』にはtofubeats、近藤真弥(Cookiescene)、荻原梓(Hi-Hi-Whoopee、Lomophy)が出演する。

また、3日のライブにはNao Yoshiokaが出演。当日はDSDによるライブレコーディングを行う。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

『YEBISU MUSIC WEEKEND』

2014年11月1日(土)~11月3日(月・祝)OPEN 12:15 / START 13:00
会場:東京都 恵比寿 ザ・ガーデンホール、ザ・ガーデンルーム、STUDIO 38
11月1日トークセッション:
麻田浩(Tom's Cabin代表、SXSW Asia代表)×北中正和
藤森純×飯田仁一郎(オトトイの学校)
本田秀夫×手島将彦×高階經啓
レジー×白木裕也×ウエムラケイ×安西正史
11月2日ライブ:
細野晴臣
OGRE YOU ASSHOLE
Soggy Cheerios
THE NOVEMBERS
黒木渚
トクマルシューゴ
UNCHAIN
ゆるめるモ!
ミツメ
森は生きている
BELLRING少女ハート
Babi(Special DSD Recording Live!!!)
水曜日のカンパネラ
Yogee New Waves
NATURE DANGER GANG
コッテル
杏窪彌
and more
11月2日トークセッション:
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)×和合亮一
小林祐介(THE NOVEMBERS、MERZ代表)×高野修平(株式会社トライバルメディアハウス シニアプランナー、サブマネージャー)×ジェイ・コウガミ
石井龍(株式会社ニーテンゴディー プロジェクトマネージャー)×MMMatsumoto(『MARQUEE』編集長)×武瑠(SuG)
11月3日ライブ:
ZAZEN BOYS
Controversial Spark
Suara
tofubeats
大森靖子
空気公団
或る感覚
HAPPY
吉澤嘉代子
上原れな
吉田ヨウヘイgroup
Charisma.com
Awesome City Club
and more
11月3日トークセッション:
津田大介×西寺郷太×加藤貞顕
tofubeats×近藤真弥(Cookiescene)×荻原梓(Hi-Hi-Whoopee、Lomophy)
and more
料金:1日券(11月2日、3日)3,000円 3日間フリーパス5,500円 学割フリーパス4,500円
※1日券購入者は、11月1日も入場可能

『YEBISU MUSIC WEEKEND』ロゴ
『YEBISU MUSIC WEEKEND』ロゴ
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
tofubeats
tofubeats
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開