LFOマーク・ベルが急逝、ビョークとのコラボでも知られるテクノプロデューサー

マーク・ベル(LFO)が逝去したことがわかった。

マーク・ベルは、1980年代後半にジェズ・ヴァーレイと共にLFOを結成。1996年のヴァーレイ脱退後は、ベルのソロプロジェクトとしてLFO名義で活動していた。LFOとしてテクノやIDMシーンに大きな影響を与えたほか、Bjorkのコラボレーターとしても知られ、『Biophilia』を含む多くのアルバムをプロデュース。2013年には東京・新木場のSTUDIO COASTおよびageHaで開催された『SonarSound Tokyo 2013』に出演した。

LFOの所属レーベルであるWarpは、現地時間の10月13日にベルの訃報をオフィシャルサイトで発表。ベルは、手術後の合併症により先週亡くなったという。

  • HOME
  • Music
  • LFOマーク・ベルが急逝、ビョークとのコラボでも知られるテクノプロデューサー

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて