ニュース

光によって視覚の不完全性を問うリギョン展『逆転移』、「太陽の光を描く」新作も

リギョンの個展『逆転移』が、10月31日から東京・銀座メゾンエルメス フォーラムで開催される。

1969年生まれのリギョンは、初期から一貫して光をテーマに制作を続ける韓国出身のアーティスト。光を用いて見えるものと見えないものの関係を再定義し、視覚の限界や不完全性を問いかけるような作品を発表している。

『逆転移』展では、『善悪の知恵の木』『蛇の口づけ』の2作品を展示。2001年に「禁断の果実」のメタファーとして制作された『善悪の知恵の木』は、部屋を目が眩むような強い光で充満させたインスタレーションだ。新作『蛇の口づけ』は、「不可視」という概念の表現に挑んだ作品。移り変わる会場の自然光によって、サウンドと共に「太陽の光を描くこと」を目指す。

イベント情報

リギョン展
『逆転移』

2014年10月31日(金)~2015年1月7日(水)
会場:東京都 銀座メゾンエルメス フォーラム
時間:月~土曜11:00~20:00、日曜11:00~19:00(最終入場は閉場の30分前まで)
休廊日:不定休
料金:無料

『I am telling a lie』2012
『I am telling a lie』2012
『more Light』2012
『more Light』2012
『He called to man』2005
『He called to man』2005
『You are mine』2006
『You are mine』2006
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと