太田莉菜が三国志オタク役を体現、能年玲奈主演『海月姫』の新場面写真

12月27日から全国で公開される映画『海月姫』から場面写真が公開された。

今回公開された場面写真は、能年玲奈が演じるクラゲオタクの倉下月海らが暮らす男子禁制のアパート「天水館」の住人「尼~ず」の一人、三国志オタクの「まやや」を演じる太田莉菜の姿。まややは切れ長の目に長身という特徴から「殺し屋」「竹ぼうき」といったあだ名をつけられていた過去を持つキャラクターで、場面写真では原作でもおなじみの独特のしぐさを太田が全身で表現している様子が確認できる。

『海月姫』は、2008年から『Kiss』で連載中の東村アキコによる同名漫画の実写版。月海と天水館に暮らす「男を必要としない人生」を掲げる尼~ずたちとの友情や、女装男子の蔵之介と童貞でエリートの鯉淵修と月海との出会い、天水館取り壊しの危機などを描く。『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ最終楽章 後編』の川村泰祐が監督を務め、音楽はヒャダインこと前山田健一が担当。主題歌はSEKAI NO OWARIによる書き下ろしの新曲“マーメイドラプソディー”となる。


作品情報

『海月姫』

2014年12月27日(土)から全国ロードショー
監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉、川村泰祐
原作:東村アキコ『海月姫』(講談社『Kiss』)
主題歌:SEKAI NO OWARI“マーメイドラプソディー”
音楽:前山田健一
出演:
能年玲奈
菅田将暉
池脇千鶴
太田莉菜
馬場園梓(アジアン)
篠原ともえ
片瀬那奈
速水もこみち
平泉成
中村倫也
内野謙太
長谷川博己
配給:アスミック・エース

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 太田莉菜が三国志オタク役を体現、能年玲奈主演『海月姫』の新場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて