ニュース

安藤洋子とテクノロジーの専門家がコラボ、動きとシステムが連鎖するダンス公演

YCAM InterLabと安藤洋子による新作ダンス公演『Dividual Plays―身体の無意識とシステムとの対話』が、1月24日、25日に山口・山口情報芸術センター[YCAM]スタジオAで上演される。

同公演は、インスタレーション作品やパフォーミングアーツ作品の開発などを行っている研究開発チーム「YCAM InterLab」が、安藤や国内外のソフトウェア開発者と継続的に取り組んでいる、身体の可能性を拡張するプロジェクト「Reactor for Awareness in Motion(RAM)」の成果を発表するもの。慣性式のモーションキャプチャーシステムを取り付けたダンサーの周りの環境をリアルタイムに解析し、ダンサーに動きと連動した仮想環境からのフィードバックを提示することで、ダンスのアイデアを引き出していくという。

なお、同公演では「箱庭」と呼ばれる小さな実験室に様々な装置や自然物を設置し、ダンサーの動きに連動して物理的な変化を発生させるとのこと。また、それらの変化がステージやダンサーにフィードバックされ、その後再度箱庭に返ることで、全体が大きなシステムとして連鎖するダイナミックな作品になるという。

チケットは現在発売中。1月24日、25日の終演後にはポストトーク、1月25日にはゲストを招いたレクチャー『超身体・脱身体・融身体』が行われる。

イベント情報

YCAM InterLab + 安藤洋子
Reactor for Awareness in Motion(RAM) 2014-15公演
『Dividual Plays―身体の無意識とシステムとの対話』

2015年1月24日(土)、1月25日(日)全2公演
会場:山口県 山口情報芸術センター[YCAM] スタジオA
プロジェクトディレクション:YCAM InterLab
ダンスコンセプトディレクション:安藤洋子
プログラミングデバイスデザイン:大西義人、神田竜、ひつじ
研究開発コンサルティング:筧康明(慶應義塾大学)
ダンス:川口ゆい、小㞍健太、笹本龍史(METHOD B)
空間構成:田根剛(DORELL.GHOTMEH.TANE/ARCHITECTS)
音楽・サウンドプログラミング:evala

ポストトーク
2015年1月24日(土)、1月25日(日)の公演終演後
会場:山口県 山口情報芸術センター[YCAM] スタジオA
出演:
YCAMInterLab
安藤洋子
田根剛
筧康明

ゲストレクチャー
『超身体・脱身体・融身体』

2015年1月25日(日)16:00~(予定)
会場:山口県 山口情報芸術センター[YCAM] スタジオA
講師:稲見昌彦(慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

滞在制作中の様子(2014年8月) 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
滞在制作中の様子(2014年8月) 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
滞在制作中の様子(2014年8月) 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
滞在制作中の様子(2014年8月) 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
滞在制作中の様子(2014年8月) 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
滞在制作中の様子(2014年8月) 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)