ニュース

桐谷美玲の恋の相手はA.B.C-Z戸塚祥太、吸血鬼の夢と恋描く映画『恋する♡ヴァンパイア』

4月17日から東京・TOHOシネマズ新宿ほかで公開される桐谷美玲の主演映画『恋する♡ヴァンパイア』に、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演していることがわかった。

映画初出演となる戸塚が演じるのは、桐谷演じるヴァンパイアの少女・キイラの初恋の相手・哲。再会したキイラに次第に惹かれていく一方で、両親をヴァンパイアに殺された過去を持つという役どころだ。また、幼少期から歌手を目指しているという設定で、戸塚は劇中で歌声も披露しているという。

戸塚は映画初出演にあたって、「ジャニーズJr.の頃からずっとずっと夢の1つとして掲げていた映像世界への参加が叶い、飛び上がるほどの感動と、皆さんの足手まといにならないようにという、緊張感や気負いがいい具合に混ざり合い、すこぶるバランスの良い状態を保てたと思います」「まだまだ未熟者な僕ですが今後も大好きな映画の世界に参加出来るように日々自分を磨き、日本の映画界に少しでも貢献したいです」と語っている。

『恋する♡ヴァンパイア』は、好きな相手に近づくと、生き血を欲して牙を覗かせてしまうヴァンパイア・キイラの恋を描いた作品。世界一のパン職人を目指すキイラが、想いを伝えられないまま12歳の時に離れ離れになった幼馴染みの哲と8年ぶりに再会し、吸血鬼であることを秘密にしながら恋や夢に悩むというあらすじになっている。監督は同作が監督デビュー作となる鈴木舞。なお、同作は4月17日にオープンするTOHOシネマズ新宿のオープニング作品の1つとなる。

戸塚祥太のコメント

キュートでスピーディー!鑑賞後は暖かい気持ちになれるラブコメです。友情、恋の力、家族の愛、人間模様も描かれていて見所が沢山あります。とにかく!とってもとっても可愛い作品です。この作品が持つプリティーパワーを体いっぱいに受け取ってください。

作品情報

『恋する♡ヴァンパイア』

2015年4月17日(金)からTOHOシネマズ新宿ほかで公開
監督・脚本・原作:鈴木舞
出演:
桐谷美玲
戸塚祥太
配給:ファントム・フィルム

『恋する♡ヴァンパイア』
『恋する♡ヴァンパイア』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材