北欧映画祭『TNLF 2015』、ラース・フォン・トリアー日本未公開作など17本公開

北欧の映画と文化を紹介する映画祭『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2015』が、1月31日から東京・渋谷のユーロスペースとアップリンクで開催される。

北欧の映画作家たちの旧作や日本未公開作などを上映する『トーキョーノーザンライツフェスティバル』。5回目の開催となる今回は、『シンプル・シモン』で知られるアンドレアス・エーマン監督の特集と、ラース・フォン・トリアー監督の甥としても知られるデンマークの若手作家ヨアキム・トリアー監督の特集が組まれる。さらに『北欧ミステリ特集』では、スウェーデンの小説『マルティン・ベック』シリーズや『エリカ&パトリック事件簿』シリーズをもとにした映像作品や、アイスランドの『エーデンデュル警部』シリーズの映画化などを紹介。

また、ラース・フォン・トリアーの日本未公開作品『ボス・オブ・イット・オール』、パペットアニメーション映画『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』、『劇場版 ニルスのふしぎな旅』といった作品が上映されるほか、ラース・フォン・トリアーがトマス・ヴィンターヴェアらと展開した映画運動「ドグマ95」の回顧企画上映も行われる。タイムテーブルはオフィシャルサイトで確認しよう。さらに関連イベント『北欧からの贈り物2015』が、2月8日に東京・新宿のPit Innで開催される。


イベント情報

『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2015』

2015年1月31日(土)~2月13日(金)
会場:東京都 渋谷 ユーロスペース、アップリンク
上映作品:
『リメイク』(監督:アンドレアス・エーマン)
『ビッチハグ』(監督:アンドレアス・エーマン)
『シンプル・シモン』(監督:アンドレアス・エーマン)
『リプライズ』(監督:ヨアキム・トリアー)
『オスロ、8月31日』(監督:ヨアキム・トリアー)
『刑事マルティン・ベック』(監督:ボー・ヴィーデルベリ)
『湿地』(監督:バルタザール・コルマウクル)
『エリカ&パトリックの事件簿 説教師』(監督:ヨナス・グリモス)
『ミカエル』(監督:カール・テオドア・ドライヤー、演奏:柳下美恵)
『ボス・オブ・イット・オール』(監督:ラース・フォン・トリアー)
『予想外な8月』(監督:タル・マケラ)
『ピンチクリフのクリスマス』(監督:ラスムス・A・シヴァートセン)
『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』(監督:マリア・リンドバーグ)
『バレエ・ボーイズ』(監督:ケネス・エルヴェバック)
『劇場版 ニルスのふしぎな旅』(監督:鳥海永行ほか)
『ドグマ・ミーティング』(監督:イェスパー・ヤーイル)
『セレブレーション』(監督:トマス・ヴィンターベア)
料金:
前売 1回券1,300円 3回券3,600円
当日 1回券1,500円 3回券3,900円 学生・シニア・ユーロスペース会員1回券1,200円

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 北欧映画祭『TNLF 2015』、ラース・フォン・トリアー日本未公開作など17本公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて