ニュース

岩松了の岸田賞戯曲『蒲団と達磨』をサンプル松井周が演出、イラストはいがらしみきお

サンプルの舞台『蒲団と達磨』が3月6日から神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオにて上演される。

『蒲団と達磨』は、岩松了が1989年に『岸田國士戯曲賞』を受賞した作品。サンプルの主宰を務める松井周が演出を手掛ける今回の公演では、夫婦の寝室を舞台に言外に潜む危ういそれぞれの秘密や我慢、爆発寸前の性欲が濃厚に描かれる。

キャストには、サンプルのメンバーに加え、大石将弘(ままごと、ナイロン100℃)、三浦直之(ロロ)、田中美希恵(範宙遊泳)らが名を連ねている。なお、宣伝イラストは『ぼのぼの』『かむろば村へ』など作品で知られる漫画家のいがらしみきおが担当している。チケットの一般発売は1月31日からスタート。

岩松了のコメント

松井周は成長期の男の子のようで、しゃべる時その表情のどこかに「この人、わかってくれてるだろうか?」という不安をかかえている、だからいっぱいしゃべる、いや、いっぱいしゃべってるように感じる。たぶんふところの深い女が抱え込むために生まれてきた男だ。「大丈夫、ほら、大丈夫だよ」と女は言うのだ。その寝顔は女に多大なる満足を与えるはず。
『蒲団と達磨』は、私が36歳の時書いた戯曲だ。「わかってもらえるだろうか」という表情を私もしていたかもしれない。忘れもしない、この戯曲を私はほぼ三軒茶屋の三軒の喫茶店で書いた。喫茶店を移る時、茶沢通りを歩いて気持ちを新たにした。そして、5時から9時の閉店までいた三軒目喫茶店、何日目かに私はその店のマスターに、今日限りにしてくれ、と言われたのだ。タバコを山のように喫って、カリカリと大きな虫のように背中を丸め書き物をしている男が気持ち悪くなったのだろう。なにしろ、閉店間際には私とマスター二人きりになるのだ。私は平身低頭、二度とその喫茶店には行かなくなった。私の事情とは無縁のところで世間は動いていた。これは、喜劇か?悲劇か?
わかってもらえるはずはない、そう言い切りたいが、その本当は、この世では禁句。わかってくれる、そう思う限り、この世は嘘さ。そしてその嘘をしあわせと感じる。ふところの深い女の多大なる嘘。
私たちは、嘘の中で眠っている……。
松井くん!頑張ろうね!

イベント情報

サンプル
『蒲団と達磨』

2015年3月6日(金)~3月15日(日)全10公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ
作:岩松了
演出:松井周
出演:
古舘寛治(サンプル、青年団)
古屋隆太(サンプル、青年団)
辻美奈子(サンプル、青年団)
奥田洋平(サンプル、青年団)
野津あおい(サンプル)
安藤真理
大石将弘(ままごと、ナイロン100℃)
田中美希恵(範宙遊泳)
新名基浩
松浦祐也
松澤匠
三浦直之(ロロ)
料金:
一般(前半割) 前売3,500円 当日3,800円
一般 前売3,700円 当日4,000円
学生 前売・当日2,500円(受付にて学生証提示)
高校生以下(前売のみ)1,000円

サンプル『蒲団と達磨』イメージビジュアル ©いがらしみきお
サンプル『蒲団と達磨』イメージビジュアル ©いがらしみきお
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら