ニュース

古今東西の「ニセモノ」大集合、『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』

企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』が、3月10日から千葉・佐倉の国立歴史民俗博物館で開催される。

同展は、ジュラ紀から現代までの約300点におよぶ「ニセモノ」と「ホンモノ」の展示を通じて、それらの発展や誕生の経緯、歴史上で担ってきた役割などを紹介する博覧会。

ベトナムの壷や皿、碗などの偽物を売りつけた「安南陶器ニセモノ事件」で用いられた陶器や、吉田松陰や山縣有朋の書画。ペリーの航海日誌にも記録されている人魚のミイラの製造法や、織田信長が東大寺へあてた「ホンモノ」の文書などが展示される。

また、会期中には、国立歴史民俗博物館の考古研究系教授を務める西谷大による講演『ホンモノより価値のあるニセモノたち』も行われる。同展の詳細は、オフィシャルサイトをチェックしてみよう。

イベント情報

企画展示
『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』

2015年3月10日(火)~5月6日(水)
会場:千葉県 佐倉 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)
料金:一般830円 団体560円 大学・高校生450円 団体250円
※小・中学生無料

『ホンモノより価値のあるニセモノたち』
2015年4月11日(土)13:00~15:00
会場:千葉県 佐倉 国立歴史民俗博物館 講堂
講師:西谷大(考古研究系)
定員:先着260名
料金:無料

企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』チラシビジュアル
企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)