『岡本太郎の「生命体」』展で『生命の樹』模型紹介、サエボーグ&キュンチョメも出展

企画展『岡本太郎の「生命体」』が、2月18日から東京・南青山の岡本太郎記念館で開催される。

生涯にわたって「いのちの強さと尊さ」を描き続けてきた岡本太郎。同展では、太陽の塔の中に内蔵され、一般公開されていない『生命の樹』の模型をはじめ、岡本が描き続けてきた作品の中でも特に生命のエネルギーにあふれるものを集めて展示するという。

また、4月上旬から下旬までは『第17回岡本太郎現代芸術賞』で『太郎賞』を受賞したキュンチョメの新作、5月下旬から6月14日までは、同賞で『敏子賞』を受賞したサエボーグによる新作が特別展示される。なお、会期中にはギャラリートークも開催される予定だ。


イベント情報

企画展
『岡本太郎の「生命体」』

2015年2月18日(水)~6月14日(日)
会場:東京都 南青山 岡本太郎記念館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:火曜(祝日の場合は開館)
料金:一般620円 小学生310円

ギャラリートーク
2015年3月12日(木)、4月17日(金)、5月13日(水)、6月8日(月)14:00~
会場:東京都 南青山 岡本太郎記念館
※事前予約不要
※日程は変更になる場合あり

  • HOME
  • Art,Design
  • 『岡本太郎の「生命体」』展で『生命の樹』模型紹介、サエボーグ&キュンチョメも出展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて