ニュース

『第59回岸田國士戯曲賞』発表、受賞作品は山内ケンジ『トロワグロ』

白水社が主催する『第59回岸田國士戯曲賞』の受賞作品が発表された。

8作品の最終候補から選ばれたのは、山内ケンジによる『トロワグロ』の上演台本。同作は2組の夫婦を中心にグロテスクな夢の話を交えながら「普通の物語」を描いた作品となり、山内が主宰する城山羊の会によって、昨年11月に東京・下北沢のザ・スズナリで初演された。1958年生まれの山内は、本名の山内健司名義でCMディレクターや映画監督としても活動しており、ソフトバンクのCMシリーズ「白戸家」を手掛けたことでも知られている。

選考委員の岩松了は『トロワグロ』について、「人間を微細に見つめる姿勢が独自の演劇を生んでいる。最終的には人間の浅ましさを描くことになるのだが、人が“芝居する”必然を観客は知らされることになる。そういう意味で、きわめて演劇的な作品だ」と白水社のオフィシャルサイトでコメントしている。

なお、今回の候補作品には同作に加えて、桑原裕子(KAKUTA)の『痕跡(あとあと)』、角ひろみの『囁谷シルバー男声合唱団』、田村孝裕(ONEOR8)の『世界は噓で出来ている』、福原充則(ピチチ5)の『つんざき行路、されるがまま』、古川日出男の『冬眠する熊に添い寝してごらん』、ペヤンヌマキ(ブス会*)の『男たらし』、山本卓卓(範宙遊泳)の『うまれてないからまだしねない』が選出されていた。選考委員は、岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、松尾スズキ、松田正隆、宮沢章夫。授賞式は、4月27日に東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で行われる。

城山羊の会『トロワグロ Trois Grotesques』チラシ
城山羊の会『トロワグロ Trois Grotesques』チラシ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで