ニュース

『第59回岸田國士戯曲賞』発表、受賞作品は山内ケンジ『トロワグロ』

白水社が主催する『第59回岸田國士戯曲賞』の受賞作品が発表された。

8作品の最終候補から選ばれたのは、山内ケンジによる『トロワグロ』の上演台本。同作は2組の夫婦を中心にグロテスクな夢の話を交えながら「普通の物語」を描いた作品となり、山内が主宰する城山羊の会によって、昨年11月に東京・下北沢のザ・スズナリで初演された。1958年生まれの山内は、本名の山内健司名義でCMディレクターや映画監督としても活動しており、ソフトバンクのCMシリーズ「白戸家」を手掛けたことでも知られている。

選考委員の岩松了は『トロワグロ』について、「人間を微細に見つめる姿勢が独自の演劇を生んでいる。最終的には人間の浅ましさを描くことになるのだが、人が“芝居する”必然を観客は知らされることになる。そういう意味で、きわめて演劇的な作品だ」と白水社のオフィシャルサイトでコメントしている。

なお、今回の候補作品には同作に加えて、桑原裕子(KAKUTA)の『痕跡(あとあと)』、角ひろみの『囁谷シルバー男声合唱団』、田村孝裕(ONEOR8)の『世界は噓で出来ている』、福原充則(ピチチ5)の『つんざき行路、されるがまま』、古川日出男の『冬眠する熊に添い寝してごらん』、ペヤンヌマキ(ブス会*)の『男たらし』、山本卓卓(範宙遊泳)の『うまれてないからまだしねない』が選出されていた。選考委員は、岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、松尾スズキ、松田正隆、宮沢章夫。授賞式は、4月27日に東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で行われる。

城山羊の会『トロワグロ Trois Grotesques』チラシ
城山羊の会『トロワグロ Trois Grotesques』チラシ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー