伊坂幸太郎原作の漫画『魔王 JUVENILE REMIX』舞台化、主演は池岡亮介

舞台『魔王 JUVENILE REMIX』が、4月18日から東京・原宿のAiiA 2.5 Theater Tokyo、5月1日から兵庫・新神戸オリエンタル劇場で上演される。

演劇ユニット「*pnish*」の新作公演となる同作は、伊坂幸太郎の原作を大須賀めぐみが漫画化し、2007年から『週刊少年サンデー』に連載された同名作品が原作。原作は、他人に自分の考えを話させる能力「腹話術」を持つ高校2年生の安藤と、その弟・潤也、謎の自警団「グラスホッパー」を率いる犬養の関係性を軸に展開されるSF作品だ。舞台版では潤也が主人公になるという。

舞台版の主演を務めるのは池岡亮介(D-BOYS)。さらに*pnish*のメンバーである佐野大樹、森山栄治、鷲尾昇、土屋裕一や、味方良介、Ry☆(ギルティ†ハーツ、AiZe)、影山達也、ラサール石井がキャストに名を連ねている。脚本、演出を手掛けるのは、椎名桔平の主演舞台『教授』、大竹しのぶのコンサート『My Piaf』などの演出で知られる鈴木勝秀。チケットの発売は3月15日10:00からスタートする。

鈴木は同作の演出について、「伊坂幸太郎さんの原作は、ものすごい社会派ハードボイルド・SFミステリである。大須賀めぐみさんの漫画も、ものすごいハードアクション・SFコミックである。となると今度の*pnish*の舞台は、ものすごいハードボイルド・アクション・SFプレイにせねばならない。で、幸いなことに、それは僕の得意ジャンルなのであった」とコメント。

池岡は、「*pnish*さんと同じ舞台に立てるということが非常に光栄で楽しみな反面、今からとても緊張しています。今回、舞台版で主役となる安藤潤也役を演じさせて頂くことを初めて聞いた時、*pnish*さんの本公演で僕が主役でいいのだろうか!?と思いましたが、色々なことを勉強させて頂きながら、カンパニーの一員として、精一杯努力し、お客様にお届け出来ればと思います。今から稽古が楽しみです!」と意気込みを語っている。

*pnish*のリーダーを務める佐野は、「伊坂幸太郎さんの作品をやれることを本当に嬉しく思います。個人的には、『グラスホッパー』『魔王』『モダンタイムス』のシリーズが大好きです。今回はそれを集約されているコミック、大須賀めぐみさんの魔王をやれることがとても楽しみです。大の大人が本気で、真剣にこの世界観で戦ったらどんなモノが生まれるのだろう。演出、鈴木勝秀さん×パニッシュ=魔王。楽しめるよう尽くします。と言いながら恐さでいっぱいです」とコメントしている。

イベント情報

*pnish* vol.14
舞台版『魔王 JUVENILE REMIX』

脚本・演出:鈴木勝秀
原作:伊坂幸太郎原作、大須賀めぐみ漫画『魔王 JUVENILE REMIX』(小学館)
出演:
*pnish*(佐野大樹、森山栄治、鷲尾昇、土屋裕一)
池岡亮介
味方良介
Ry☆
影山達也
ラサール石井

東京公演
2015年4月18日(土)~4月26日(日)全10公演
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo

神戸公演
2015年5月1日(金)、5月2日(土)全4公演
会場:兵庫県 新神戸オリエンタル劇場

料金:各公演6,000円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 伊坂幸太郎原作の漫画『魔王 JUVENILE REMIX』舞台化、主演は池岡亮介

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて