大竹しのぶ×三浦春馬でテネシー・ウィリアムズ戯曲に挑む『地獄のオルフェウス』

舞台『地獄のオルフェウス』が、5月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

同作は、『欲望という名の電車』などで知られるアメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズが、1940年に初演された『天使のたたかい』を自ら17年間かけて改訂し、1957年に発表した戯曲。偏見と慣習に囚われた小さなコミュニティーで愛のない結婚をし、淡々と生きる女性レイディ・トーランスの前に青年・ヴァルが現れ、彼の存在によって徐々に人々の欲望が触発されていく様を描く。

主人公のレイディ・トーランスを演じるのは大竹しのぶ。閉鎖的なコミュニティーで違和感を放つ青年・ヴァルを、同作でストレートプレイに初挑戦する三浦春馬が演じる。演出を手掛けるのは、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどで数多くの作品を手掛けるイギリス人演出家のフィリップ・ブリーン。なお同作は大阪での上演も予定されている。東京公演のチケットは3月28日から一般発売がスタートする。

大竹しのぶのコメント

身も心も焼けつくようなテネシー・ウィリアムズの世界にまたいける喜びに溢れています。
初めての演出家のフィリップ・ブリーンさんが、どんな風に私達をその世界に連れていってくれるのか、とても楽しみです。
また、初めての三浦春馬さんとの共演。先日少しお会いしたのですが、何て純粋な方なのだろうと、一目で分かりました。春馬さんとフィリップさんと、そしてみんなでテネシー・ウィリアムズととことん向き合い、劇場を出る人達が「フゥー」と幸福のため息が漏れるよう、熱い舞台を作っていきたいと思います。

三浦春馬のコメント

素晴らしい戯曲に挑戦させて頂けること、大竹しのぶさんと共演させて頂けること、とても光栄に思います。
稽古中、一時も無駄にせず、実りのある時間を過ごすと共に、役者として、しっかり勉強させて頂きます。作品を創り上げる一部として、努力して行きたいです。

イベント情報

シアターコクーン・オンレパートリー2015
『地獄のオルフェウス』

2015年5月7日(木)~5月31日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン
作:テネシー・ウィリアムズ
演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:広田敦郎
出演:
大竹しのぶ
三浦春馬
ほか

  • HOME
  • Stage
  • 大竹しのぶ×三浦春馬でテネシー・ウィリアムズ戯曲に挑む『地獄のオルフェウス』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて