ニュース

名和晃平の個展『FORCE』、質的に計算された液体と重力の関係性がテーマ

名和晃平の個展『FORCE』が、3月7日から東京・谷中のSCAI THE BATHHOUSEで開催される。

2011年に東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催された個展『シンセシス』をはじめ、国内外で数多くの展覧会に参加している名和晃平。最先端の3Dテクノロジーを駆使し、プリズムシート、発泡ポリウレタン、ガラスビーズといった素材を用いて制作した彫刻やインスタレーション、平面作品などを通して、デジタル社会における存在のリアリティーへの疑問を提示している。

『FORCE』展は、質的に計算された液体と重力の関係性をテーマに展開。線上に流れ落ち続ける黒いオイルが床面に溜まっていくという、液状化した彫刻のようなインスタレーション『Force』や、垂直に張ったキャンバスの上端から滴る顔料によって形成される平面作品『Direction』、顔料の入ったタンクの振り子装置を使い、円心運動によって多様な軌跡を描く『Moment』といった作品が展示される。

※会期が延長になりました(2015年4月17日追記)

イベント情報

名和晃平
『FORCE』

2015年3月7日(土)~4月25日(土)
会場:東京都 谷中 SCAI THE BATHHOUSE
時間:12:00~18:00
休廊日:日、月曜

名和晃平『FORCE』展メインビジュアル
名和晃平『FORCE』展メインビジュアル
『ミッション[宇宙x芸術]-コスモロジーを超えて』 (東京都現代美術館、2014年) 展示風景、撮影:表恒匡
『ミッション[宇宙x芸術]-コスモロジーを超えて』 (東京都現代美術館、2014年) 展示風景、撮影:表恒匡
『Moment#18』2014年、紙にアクリル、h.90.8×w.158.0×d.4.7cm、撮影:表恒匡
『Moment#18』2014年、紙にアクリル、h.90.8×w.158.0×d.4.7cm、撮影:表恒匡
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される