SkrillexとDIPLOのコラボユニット「Jack Ü」、J・ビーバーら参加の初EPを急遽発表

SkrillexとDIPLOによるユニットJack Üの1stEP『Skrillex and Diplo present Jack Ü』が、本日2月27日に配信リリースされた。

昨年3月に1stアルバム『RECESS』をリリースしたEDMプロデューサーのSkrillexと、M.I.A.、ブルーノ・マーズなどのプロデュースや、レーベル「Mad Decent」のオーナーとしても知られるDIPLO。Jack Üは、昨年3月にアメリカ・マイアミで開催された音楽フェスティバル『ULTRA MUSIC FESTIVAL』で初披露され、以降様々な音楽フェスティバルやイベントに出演している。

『Skrillex and Diplo present Jack Ü』のリリースは、現地時間の2月26日正午から同ユニットが開催し、ストリーミング中継も行われている24時間連続のDJパーティー内で発表されたもの。参加アーティストには、ジャスティン・ビーバー、2 Chainz、AlunaGeorgeらが名を連ね、昨年9月にリリースされたシングル曲“Take Ü There (feat. Kiesza)”にミッシー・エリオットがラップを重ねた楽曲を含む全10曲が収録されている。

リリース情報

Skrillex & Diplo
『Skrillex and Diplo present Jack Ü』

2015年2月27日(金)から配信リリース

1. Don't Do Drugs Just Take Some Jack Ü
2. Beats Knockin (feat. Fly Boi Keno)
3. Take Ü There (feat. Kiesza)
4. Febreze (feat. 2 Chainz)
5. To Ü (feat. AlunaGeorge)
6. Jungle Bae (feat. Bunji Garlin)
7. Mind (feat. Kai)
8. Holla Out (feat. Snails & Tarantula)
9. Where Are Ü Now (feat. Justin Bieber)
10. Take Ü There (feat. Kiesza) [Missy Elliott Remix]

itunesで購入する

  • HOME
  • Music
  • SkrillexとDIPLOのコラボユニット「Jack Ü」、J・ビーバーら参加の初EPを急遽発表

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて